FC2ブログ
株式投資・経済等

カテゴリ:株式投資・経済等 の記事一覧

永久不滅ポイント運用サービス継続中・・・だが

今年4月頃から実施しているセゾンカードの永久不滅ポイント運用サービス。

20180924_pointunyou.jpg

「アメリカ株(VOO)コース」につみたて投資(適宜スポット投資)を実施して、久しぶりに確認したら、+6%くらいだった。

運用好調ではあるが、そもそも使っているセゾンカードは基本還元率0.5%。還元率1.0%以上のクレジットカードもある中でこの運用を続けるべきか・・・。ポイントの運用というのが面白そうなのでやっているが、冷静に還元率で考えると損をしている気もする・・・。最低限のポイント運用に変更しておこうか・・・。

エポスカードのフリーケア・プログラムに加入

エポスカードのゴールド化を目指して、支払いの際はエポスカードを優先的に使用している今日この頃だが、そんな中、エポスカードのフリーケア・プログラムの申込み用紙が届いた。

チューリッヒ保険会社が運営する保険で、無料プランと有料プラン(月500円で受けられる追加補償)がある。無料プランは、交通事故損害保険で5日以上入院したときに入院一時金30,000円を受け取ることができる(保障期間5年間)。

先日、唯一加入していた医療保険を満期で更新せず、無保険状態になっていたこともあり、無料であれば・・・ということで無料プランに加入することにした。

こういったクレジットカードの付帯サービスみないなものも有効に使っていきたいところ。

券面がかっこいいクレジットカード

20180918_tokyo_ca.jpg

TOKYO CARD ASSIST
デザインに ひ・と・め・ぼ・れ

・プラチナカードにも使われるブラックコア素材使用
・表面はマット加工(つや消し)処理
・シルバーチップ搭載


こだわりのカード素材とデザインで質感はステータスカード級だが、
中身は、
 ・年会費永年無料
 ・いつでもポイント2倍で還元率 1.0%程度(ワールドプレゼントポイント)
 ・保険付帯なし

という、少し高還元の一般クレジットカード。

入会は18歳~49歳限定だが、一旦入会すれば年齢に関わらず利用することができる模様。


ネットでクレジットカードを調べていたら、たまたま見つけたのだが、デザインだけでなく、還元率もそこそこ。
これは財布に忍ばせておきたい・・・。

最近の節約

(1) 医療保険、更新せず 【約2,500円/月 削減】
  10年満期を期に更新をしなかった。もう少し早いたタイミングで解約しても良かったかも・・・。

(2) 追加SIM解約 【約500円/月 削減】
 旅行時、出張時などに(タブレットなど)もう一台使うかと思い追加SIMを契約していたが、外ではスマホしか使わず。ウチや宿ではWi-Fiで事足りるし、解約した。

この調子で、今後も不要なところは、削減していきたいと思う。

年会費無料のゴールドカードが欲しい

良い色のクレジットカードが欲しい
ということで、
1年前にゴールドカードの申請が通り、財布にゴールドカードを入れていたのだが・・・、
年会費ほどの満足感を得ることはできず、またサービスを使う機会もなく、解約することにした。
(こんなことなら、初年度年会費無料のゴールドカードで様子見すべきだった)

しかし、やっぱりゴールドが・・・という気持ちはあり(汗)
年会費無料(条件無し)のゴールドカードを探してみたら・・・あった。

・イオンゴールドカード
・セブンカード・プラス(ゴールド)
・エポスゴールドカード


この中では「エポスゴールドカード」に魅力を感じて、これを目指すことにした。
直接申し込んで手にすることも可能だが、エポスカードに申込み、使用することで、インビテーションが来ることがあるそうだ。これを待つことにした。

本格的に使用し始めてまだ4ヶ月だが、長期出張などもあり、かなりの金額のクレジット払いを行った。出張終了後もApple Pay(QUICPay)に登録してコンビニ、ドラッグストアなどでの買い物の支払いや、ネットショッピングのクレジット払いの登録を変更して支払ったりしている。
インビテーションを待つとしよう。 続きを読む

2号ファンド(2018夏)

一応、組成から2年がたったMO・2号ファンド

投資方針なども適当でふらふらしているが、現在の投資先は以下のとおり。

=====================
<米国株 5銘柄>
 ・バークシャー ハサウェイ【BRKB】
積・コストコ ホールセール【COST】
積・スターバックス【SBUX】
積・アマゾン ドットコム【AMZN】
積・ビザ【V】

<日本株 4銘柄>
 ・セブン銀行【8410】
 ・コーエーテクモホールディングス【3635】
 ・NTTドコモ【9437】
 ・ユニバーサル園芸社【6061】

<J-REIT 4銘柄>
 ・NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信【1343】
 ・ラサールロジポート投資法人【3466】
 ・積水ハウス・リート投資法人【3309】
 ・産業ファンド投資法人【3249】
=====================

大きな変更としては、米国株に積立投資を開始した。こちらをメインとすることとし、それまでの保有株式のうちバークシャー ハサウェイ【BRKB】以外は売却した。

損益は少しプラス+配当くらい。銘柄、株価チェックなどにあまり時間が取れないことから、大きなポジションを取らずに運用していきたい。

◆関連記事
・2号ファンド(2017冬)
・2号ファンド(2017夏)

投資用銀行口座を変更

資金管理のため、以前から生活用と投資用の銀行口座を分けており、投資用口座はいろいろな証券会社等に対応するため、三菱UFJ銀行に設定していた。
最近、株式も投信もメインはSBI証券であり、その他の証券会社はほとんど使用していないことから、投資用口座を住信SBIネット銀行に変更することにした。

住信SBIネット銀行は、元々は生活用のサブ口座として、主に定期預金口座として使用していた。が、近年定期預金の金利は低く(金利年1%が懐かしい・・・)、あまり使用していなかった。投資用口座にすればSBIハイブリッド預金も有効に活用できるし(これも雀の涙だが・・・普通預金の金利よりマシ)、相性は良さそうだ。

銀行については、口座開設していた新生銀行、住信SBIネット銀行で、2年くらい前に相次いでサービスのランク分けが開始された。
 ・2016/02/06:「大同のMMF」解約と新生銀行ランク対策
 ・2015/12/01:住信SBIネット銀行のスマートプログラム(仮称)対策
当時対策して、実質的にサービス据え置き程度で使用している。その後、特にサービス変更はないが、低金利は相変わらずだし心配だ。

保険更新せず

約10年前、本格的に投資を始めるにあたり、まずは支出の見直しを行った。
そのひとつが保険。新入社員時になんとなく加入した生命保険を解約。以後、医療保険(がんになったら一時金として保険金がおりるやつ)に加入した。当時は収入も貯金もそれほど多くなかったので、念のため。

その保険も10年満期を迎え、保険会社から保険更新の案内が届いた。
更新しようか検討したが、10年前より貯金は十分増えたし、更新後の保険料金が結構上がっていたことから更新しないことにした。これで、生命保険も医療保険も未加入状態になるが、なんとかなるだろう。

昨年から生活環境が変わり、支出増大傾向なので、銀行やカード自動引き落としになっているものは、適宜チェック、見直していこうと思う。

投資の前にまずは節約・・・。

クレジットカードポイントも積立投資

米国株式への積立投資を開始したのと並行して、セゾンカードの永久不滅ポイント運用サービスにも新規エントリーしてみた。

【概要】
「ポイント運用サービス」は、今まで貯めるだけだった永久不滅ポイントを運用(投資を疑似体験)できる、あたらしいサービスです。運用する永久不滅ポイントは、日々増減します。


昨年秋にこのポイント運用サービスのことを知り、この運用サービスを使いたいがためにセゾンカードの新規クレジットカードを作り、ポイントを貯めていたのだが(クレジットカード会社の思うつぼ? ^^; )、ポイントが多少溜まったので、早速ポイント運用サイトに登録。

これまでは、バランスファンド2コースしか選択がなかったようだが、今回、「アメリカ株(VOO)コース」、「日本株(TOPIX)コース」が新設され、しかも新機能として「つみたて投資」に対応しているということで、
「アメリカ株(VOO)コース」のつみたて投資に登録した。

毎月積み立てられるポイントは微々たるもので、生活に影響を与えるものではないが、ポイント有効期限無しの特性を生かした面白いサービスだと思うので、長期的に続けられればと思う。

米国株に積立投資

個別銘柄への投資を「MO 2号ファンド」と称して運用しているが、投信と違い、追加投資しにくく、なかなか腰の据わった運用ができてない状況であった(日本株は単元株が高いし、米国株は少額投資では手数料が高い・・・)。ビビりのワシは、実は昨年末に米国株はかなり縮小しており、長期投資したいけど、なかなか続けられないでいた(結果的に年初の急落のダメージは小さくなったのだが・・・)。

そこで見かけたのが、以下のツイート。


One Tap BUYという証券会社で米国株に積立投資できるのか!!!
しかも1000円から!!!

投資対象銘柄が少ないのと、手数料もそれなりに掛かるというデメリットはあるが、自分の性格には合いそうだ。現在投資できる30銘柄の中から、
 ・アマゾン ドットコム【AMZN】
 ・ビザ【V】
 ・ウォルト ディズニー【DIS】
 ・コストコ ホールセール【COST】
 ・アップル【AAPL】
といった「投資したいけど、タイミング的にまとまった額を投資しにくそうな」銘柄に投資を開始した。(最低5年。できれば10年くらい続けられれば・・・。) 続きを読む