城・歴史

カテゴリ:城・歴史 の記事一覧

関ケ原陣跡制覇!~関ケ原陣跡制覇ウォーキング2016~

昨年に引き続き、関ケ原陣跡制覇ウォーキングに参加することにした。

今回の目標は、本イベント全ての陣跡を回る制覇コース(距離 約16km 所要時間 約6時間)を完歩すること
(昨年度は、松尾山登山をショートカットした激闘コース(距離 約12km 所要時間 約5時間)だった。)

イベントスタートの8時半頃に会場に到着したが、昨年に比べて参加者多数。
(大河効果で参加者増加なのか、単にスタート時刻に到着したせいか・・・)
参加賞の関ヶ原合戦スポーツタオル(昨年から少しだけデザイン変更)とスタンプ帳を受け取り、早速スタート。

20160927sekigahara1.jpg

各陣跡の写真は昨年のブログ記事参照(手抜き ^^; )

ほぼ平坦な道を歩くこと2時間。今回初経験となる松尾山登山口に到着。

20160927sekigahara2.jpg

ここから小早川秀秋陣跡まで1.5km登るのだが、これがキツかった。
途中で休憩しながら約30分で到着したが、登山口までの平坦な道を2時間歩くより数倍キツかった。

20160927sekigahara3.jpg
(写真の町部分が関ヶ原の戦いの戦場。ここ松尾山から戦場が一望できるのだが、距離が遠い。)

さらに追い打ちをかけるように、
ペットボトル2本持ってきたつもりだったが、1本をウチに置き忘れ(痛恨)
山を登った時点で、水がなくなってしまった。
以降、距離的には6~7kmは残していたと思うが、ノドの渇きとの戦いだった。


かろうじてゴール地点に到着したのが、14時過ぎ。
鉄砲隊演舞を見ながら、休憩し、その後完歩印をもらった。

20160927sekigahara5.jpg
(腰の馬上筒がカッコいい!)

20160927sekigahara4.jpg
(制覇コースのみ、完歩証(カード)がもらえる。結局これだけだったか・・・^^;; )


昨年度比べて4km延びただけだったが、厳しい道のりだった。
来年参加するとしても、松尾山だけは登らんぞぉ~ ^^;

ふるさと納税で城主になる。「宇和島城」「丸亀城」編

ふるさと納税では、その用途を納税者自らが選択できるものもある。
愛媛県宇和島市、香川県丸亀市には、それぞれ現存天守・宇和島城、丸亀城があるが、
これらの市では、ふるさと納税の用途として「城を保存していくための修繕」があり、
今回それらに納税したところ、城主証などが送られてきた。

宇和島城一口城主
20160524uwajima.jpg

丸亀城を守り後世に残す事業
20160524marugame.jpg

ちなみに、
宇和島市では、宇和島城天守の無料入場券2枚、伊達博物館の無料入場券2枚
丸亀市では、お菓子セット(選べる特典)ももらえた。

宇和島城では天守に氏名が掲載されているはずだし、また行ってみるかな・・・。

福井城跡の桜

4月3日、桜満開。
昨年も少し早めだったような気がしたが、
今年はさらに早い満開だったと思う(例年だと満開は4月10前後のイメージ)。

ポロをディーラに修理に持っていく日だったので待ち時間を利用して、福井城付近を散策してきた。

◎福井城跡のお堀と桜
20160404sakura0.jpg

20160404sakura0a.jpg

今日イチの場所は、「大手門跡の石垣上の散策路
(以前はなかったような気がしたが、いつできたのか。もし以前からあったとしたら不覚)
眺めが良く、桜がキレイなのはもちろん、地面や木の幹の苔の濃い緑がおもむき深い。
これで青空だったら(曇り時々小雨の天気だった)、より美しい風景だったろう。

20160404sakura1.jpg

20160404sakura2.jpg
▲御本城橋を眺める

20160404sakura3.jpg
▲まるで、大きな盆栽のような年季がはいった桜の枝

20160404sakura4.jpg
▲幹の間に咲いた小さな桜

今週は雨の予報日もあり、温かい日も続くため、来週の土日には桜は散っているだろう。
今年の福井の桜は今日が見始めで見納めになりそうだ。

弘前城を引く!~弘前城曳屋ウィーク~

20150928_hikiya1.jpg

先日のシルバーウィーク最大の目的は、根室半島チャシ跡群(No.1)の100名城スタンプだったが、切符、ホテルの予約直前に、人力で弘前城天守を引っ張るという「弘前城曳屋ウィーク」の案内が弘前市から届いて、希望日通りに参加できることになったので、根室の帰りに立ち寄ることにした。

弘前城の天守に向けて歩いていくと、
おっ!いつもの場所に天守がない!動いとる!
20150928_hikiya2.jpg
20150928_hikiya3.jpg


今回の曳屋では、総重量約400トンの天守を1組100人で、5分間で15cm程度引っ張るというもの。
ゴールドの軍手をはめて、4本の綱に分かれて、いざ引っ張れ!

そ~れ!
そ~れ!重っ・・・・・・(汗
そ~れ!綱が伸びてる感じで、天守が動いているかわからん・・・(大汗
そ~れ!5分、長っ・・・・(滝汗

20150928_hikiya4.jpg

20150928_hikiya5.jpg

大汗をかいて、5分で15cmのノルマ達成!
天守の下のレール部に設置してある目盛と矢印を見たら、確かに動いていた。
20150928_hikiya8.jpg

今回、たまたま根室行きを計画していたため、弘前城曳屋ウィークに参加することができた。
曳屋は、城の補修が行われる100年周期であるかないかの措置のため、こんな体験は人生に1回。
貴重な体験ができてラッキーだった。

弘前城石垣修理が終わり、天守が元の位置に戻には、10年くらいの年月がかかるとのこと。
計画通りに修理が進むことを願う。


20150928_hikiya6.jpg
20150928_hikiya7.jpg
▲参加賞の曳屋木札と曳屋軍手(ゴールド:一口城主専用色)

関ケ原陣跡を行く~関ケ原陣跡制覇ウォーキング2015~

ツイッターで見つけた関ケ原陣跡制覇ウォーキング2015開催のお知らせ。

関ヶ原は何度か行ったことがあるが、陣跡で行ったことがあるといえば石田三成本陣の笹尾山くらい。
各所にある陣跡を個別に訪問するのはなかなか出来ないと思ったので、このウォーキングに参加することにした。

コースは、以下の3コースから選択するのだが、
普段全然運動していない身としては、制覇コースの松尾山登りは厳しいと思い、「激闘コース」を選択。
(もっとも、12kmでもほぼ未知の距離・・・)
 ・制覇コース(距離 約16km 所要時間 約6時間)
 ・激闘コース(距離 約12km 所要時間 約5時間)
 ・合戦コース(距離 約7km 所要時間 約3時間)

寝坊して、予定の電車になんとか飛び乗るという波乱の始まりだったが、
関ヶ原駅についてみると、曇り空で風があって涼しく、ウォーキング日和だった。
受付のふれあい広場で、参加費1000円を支払い、参加賞のタオルと地図付きスタンプ用紙をもらい、9時過ぎにスタート!

01:細川忠興陣跡
20150927_01hosokawa.jpg

02:丸山/黒田長政・竹中重門陣跡
(麓から丸山をのぞむと烽火がよく見える)
20150927_02maruyama.jpg
20150927_02maruyama2.jpg

03:陣場野/徳川家康最後陣跡
20150927_03saigo.jpg

06:松平忠吉・井伊直政陣跡
20150927_06ii.jpg

07:本多忠勝陣跡
(民家の合間にひっそりと・・・)
20150927_07honda.jpg

08:藤堂高虎・京極高知陣跡
20150927_08toudou.jpg

09:福島正則陣跡
20150927_09fukushima.jpg

12:常盤御前の墓
20150927_12tokiwa.jpg

13:大谷吉継陣跡(眺望地)
(ひと山向こうに見えるのが松尾山。小早川秀秋陣がよく見える)
20150927_13ootani.jpg
20150927_13ootani2.jpg

16:宇喜多秀家陣跡
20150927_16ukita.jpg

17:小西行長陣跡
20150927_17konishi.jpg

19:島津義弘陣跡
(陣跡でおそらく一番大きな旗。立派な石碑もあり、ここの陣跡だけ別格のような感じだった)
20150927_19shimadu.jpg

21:笹尾山/石田三成陣跡
20150927_21ishida.jpg

13時過ぎにゴール!
12kmは不安だったが、約4時間(休憩時間含む)で完歩できた。
各所に行先標識が抜けなく設置されており、迷うことなく歩くことができたのも大きい。運営の方にも感謝。
天候にも恵まれ、楽しく陣跡を回れて大満足の一日だった。(明日は筋肉痛だろうなぁ・・・)


20150927_card.jpg
▲激闘コース完歩!

20150927_taoru.jpg
▲参加賞の関ヶ原合戦スポーツタオル(色は数種類から選べる)

20150927_busyo.jpg
▲各チェックポイントでもらった武将千社札(シール)
 チェックポイント順に並べてみたが、東軍→裏切り者→西軍の陣跡の順番で回っていたのね。

日本100名城スタンプラリー(97/100)北海度・根室編

97)根室半島チャシ跡群(No.1)

今回、移動手段は基本的に電車としたため(飛行機嫌い)、遠征1日目は札幌への移動のみ。
2日目、特急「スーパーあおぞら」で釧路まで行き、そこから普通列車で根室まで。

20150926nemuro1.jpg
20150926nemuro2.jpg
▲有人駅最東端・根室駅!

根室駅前の観光インフォメーションセンターでスタンプ。
記念品として、根室半島チャシ跡群の空撮ポストカード、ヲンネモトチャシ跡の地図などをもらった。
(100名城スタンプで記念品をもらったのは初めてだ)

20150926nemuro4.jpg
▲観光インフォメーションセンター

20150926nemuro3.jpg
▲記念品のポストカード

根室駅からは納沙布岬行きの路線バスで40分くらい(片道1070円)。
納沙布岬をさらっと回って、遅めの昼飯を食べたら15時過ぎ。
時間があまりなかったが、せっかくなので納沙布岬から一番近いヲンネモトチャシ跡を訪問することに。
観光物産センターのレンタサイクルで移動。

20150926nemuro5.jpg
▲ココを右折が正解なのだが、標示がなかったのでスルー。
 おかげで1.5kmも余計にチャリを漕ぐはめになった。それにしてものどかな風景。

20150926nemuro6.jpg
▲16時過ぎ、ヲンネモトチャシ跡の標示発見!
 レンタサイクルは17時までに返却しなければならないので、大急ぎで移動。

20150926nemuro8.jpg
20150926nemuro7.jpg
▲説明看板を過ぎて、道なりに進むと、港が一望できる高台に。
 ここがヲンネモトチャシ跡(の平坦部)らしい。

なんかよくわからなかったが^^;、根室半島チャシ跡群の一部を見れたので良かった。


さて、
これで残りのスタンプは沖縄の3個のみ。
日程調整して早いうちに行きたいのだが・・・(飛行機がなぁ・・・)

嗚呼壮烈岩屋城址

ふとしたことで自分の中でクローズアップされた岩屋城の戦い【wikipedia】と高橋紹運
城兵763名で、島津軍約2万を2週間釘づけにし、主将高橋紹運を含め城兵全員討死とは
石碑のとおり、まさに壮烈。一度行きたいと思っていた。

岩屋城麓の大宰府付近までは行ったことがあったが、本丸まで歩いていくのは難しそう。
事前に調べた結果、岩屋城本丸跡付近を車道が通っているので、そこまで車で行けば、なんとか行けそうだと判明。

20150713iwaya1.jpg
▲麓から峠道を2kmくらい走行すると ちょうど車1~2台を止められるスペースがある

20150713iwaya2.jpg
▲本丸跡への登り口。
 本丸跡へは、思いのほか近く2~3分でたどり着いて拍子抜け

20150713iwaya3.jpg
▲嗚呼壮烈岩屋城址の石碑

20150713iwaya4.jpg
▲石碑は大宰府側を見下ろすように建てられており、眼下には絶景が広がる・・・はずだったが、霧で見えず。

20150713iwaya5.jpg
▲車を止めたスペースから下ると、高橋紹運公の墓がある。

現在は堀切や土塁が残るらしいが、あいにくの雨と訪問時間が遅く暗くなってきたので、そこまで探すことができなかった。
とはいえ、距離的になかなか簡単に行ける場所ではないので、今回100名城スタンプラリーの遠征に合わせてということになったが、訪問できて満足。

日本100名城スタンプラリー(96/100)山口・北九州編その3

佐賀県の次は、長崎県へ。そして帰りしな再び佐賀県へ。

94)平戸城(No.90)
平戸城天守内でスタンプ。

20150704hirado1.jpg
▲山の麓から天守を眺める

20150704hirado2.jpg
▲北虎口門
 1707年に完成した旧亀岡城当時のものらしい。

20150704hirado3.jpg
▲天守からの眺め
 城からは海が一望。写真右端には平戸大橋。絶景なのだが、残念ながら靄。

95)島原城(No.91)
島原城発券所にてスタンプ。
当日、雨模様だったので、天守閣内とお堀に沿って一周した程度だったが、お堀の立派なこと。

20150704shimabara1.jpg
20150704shimabara2.jpg
▲お堀

96)佐賀城(No.89)
佐賀城本丸歴史館の受付にてスタンプ。
こちらも雨だったので、佐賀城本丸歴史館内を見学して終了。

20150704saga1.jpg
▲鯱の門及び続櫓


ということで、
昨年のGW開けから開始した100名城スタンプラリーも残り4城となった。
残りは、沖縄3城と北海道(根室)1城。
いずれもそれなりの休暇と、(飛行機必須ということで)個人的にはかなりの覚悟が必要だが、
これまでに訪れたことのない場所なので、遠征を計画していきたい。

日本100名城スタンプラリー(96/100)山口・北九州編その2

マイカーでの九州再上陸を果たし、まず向かったのは佐賀県。

92)吉野ヶ里(No.88)
吉野ヶ里歴史公園東口の発券所にてスタンプ。

広大な土地に、周りに高いビルなどもないので、
弥生時代にタイムスリップしたような感覚になれるかも。
とても全ては回れないので、今回は、環濠集落ゾーンの南内郭、北内郭、北墳丘墓を散策。

20150703yoshino1.jpg
▲南内郭から古代の原ゾーン方向を望む

20150703yoshino2.jpg
▲北内郭の主祭殿。吉野ヶ里のまつりごとを司る最重要施設ということで、
 建物の大きさは吉野ヶ里敷地内でも存在感あり。

20150703yoshino3.jpg
▲主祭殿内部。最高司祭者の神がかりの様子の模型

93)名護屋城(No.87)
佐賀県立名護屋城博物館受付にてスタンプ。
20150703nagoya.jpg
▲名護屋城天守台跡

20150703nagoya2.jpg
▲名護屋城天守台跡からのパノラマ
 海に靄がかかって眺めはイマイチだったが、海風が気持ちよかった。
(続く)

日本100名城スタンプラリー(96/100)山口・北九州編その1

7月に入って、2日ほど休暇を取って、山口・北九州の城に遠征した。

90)津和野城(No.66)
リフト茶屋にてスタンプ。
1年前に来たばかりだったのと、スケジュールの関係でリフトで登ることは予定していなかったので、スタンプを押して、今回はアウトレンジで津和野城を撮影。
(ちなみに、リフト点検中で登ることはできなかった。)

20150702tsuwano.jpg
▲津和野城石垣を遠くに眺める

91)萩城(No.75)
本丸入口料金所にてスタンプ。
萩に来るのは、(まだ城めぐりに興味がない)修学旅行の頃以来なので、数十年ぶり。
当時のことはほとんど覚えていないが、石垣が立派だったような記憶がある。

20150702hagi1.jpg
▲本丸門跡付近から天守閣跡の石垣、指月山を眺める

20150702hagi2.jpg
▲萩城の隣はすぐ海。城壁は復元された銃眼土塀

ということで、次は九州・佐賀へ。
2010年5月の熊本行き以来、2度目の九州マイカー上陸。まさかまた車で関門橋を渡ることになるとは。。。

20150702kanmon.jpg
(続く)