2007年11月 の記事一覧

武士の一分

★☆☆☆☆<こりゃアカン・・・>
下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める。妻が番頭の島田(坂東三津五郎)といい仲であることが判明し、絶望のなか離縁を決意。愛する妻を奪われた悲しみと怒りを胸に、新之丞は島田に“武士の一分”を賭けた果し合いを挑む。
山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。

=+=-=×=÷=+=-=×=÷=+=-=×=÷=
毒にあたって失明してしまった主人公は、それから(劇中の)ほとんどの時間を陰気に過ごしていた。そりゃ、失明すれば明るく過ごせというのが無理だろうが、それにしても、最後の最後で何を思ったか(それまでひとりでろくに庭も歩けなかったのに)木刀を持って、庭で稽古し始めたのがあまりに急過ぎて、主人公の気持ちの変わりようについていけなかった。
さらに、「武士の一分」だとか言い始めて、妻を奪った上役と果し合いって・・・。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味だが、今回の場合、「武士の一分」といえば聞こえは良いが、単に妻を寝取られた恨みを晴らしているだけのような気がした。(「大義がないのでは?」というと言い過ぎか。。。)
最後はキレイにまとめてあるが、「たそがれ・・・」、「隠し剣・・・」と比べて、見終わった後に余韻に浸れなかった。

キムタク主演という話題が先行しすぎた・・・かな。
関連記事

ねこ鍋

ああ、今日も仕事疲れた・・・。
こんなとき、最近は

ねこ鍋【YouTube】

を見て、気分転換している。癒される~♪ (^-^)
あまりのかわいさに、携帯の待ち受け画面もこれに変更してしまった。
DVDなんかも売ってるようだ。


ちなみに、この「ねこ鍋」のことを友人に教えてあげた時の相手の反応。
 A:「ウチのニャンコ達の方がかわいいっ!」
 B:「で、食べるの?」
う~~む、こうも反応が違うとは・・・^^;;;
関連記事

海と夕焼けとMINIのある風景

冬場は日本海側特有の天気(雨かドンヨリ曇り)が多いが、久しぶりに天気が良かったので、夕方、近所の海辺まで出向いた。
う~~ん、なかなかキレイ (^-^) 寒かったけど・・・(^^;)
近所でこういう風景が味わえるって、ちょっと贅沢な気がした。
20071125_mini_sunset1.jpg
20071125_mini_sunset3.jpg
20071125_mini_sunset2.jpg
関連記事

竜王戦で「角交換ダイレクト向かい飛車」出現

11月21・22日(水・木)の第20期竜王戦第4局で、佐藤二冠が十八番の角交換ダイレクト向かい飛車を採用した。この定跡のない戦法をタイトル戦で採用するとは、相変わらずスゴイ。
対する渡辺竜王は、挑発に乗らない▲6五角打ち保留型で対応し、乱戦にはならず、居飛穴 vs 向かい飛車・高美濃の戦型となった。中盤、自陣角の打ち合いなど、難しいところもあったようだが、と金の働きと居飛穴の遠さで、先手の勝ち。

向かい飛車が負けてしったのは残念だが、これでワシのコンテンツ・角交換ダイレクト向かい飛車のネタが増えるな。。。

◎関連Blog
渡辺明ブログ
第20期竜王戦中継plus
関連記事

MINI5周年

New MINIがウチに来て5年になった。

20071123_mini0.jpg
走行距離49605km。昨年福井に来てから運転頻度・距離がかなり減少したが、それでもよく乗ったものだ。
運転する楽しさは5年前も今も変わらない。5年経ってNew MINIもフルモデルチェンジするに至ったが、先日2回目の車検も無事終わったし、今後も大事に乗っていきたいと思う。
ただ、面白そうな車が新たに出てきたら、浮気症が出てしまうかも ^^;


車検の時に、サイドウインカーバルブをクローム球からオレンジ球に交換されてしまったが、(角度にもよるのだが)オレンジでもそれほど目立たないようだ。
20071123_mini_side.jpg
あらかじめクロームバルブを購入しておいたのだが、当面はこのままでいこう。
関連記事

欧州カー・オブ・ザ・イヤーはFiat 500

フィアット500、欧州イヤー賞を受賞【carview】 20071121_fiat500.jpg 年末が近づいて日本でもカー・オブ・ザ・イヤーの動きがあったが、欧州のカー・オブ・ザ・イヤーはFiat 500だったそうだ。 乗り味はわからないが、デザインはインパクトがあったし、なにより「現代のFiat 500」として受け入れられた、認められたことが大きかったのだろう。 New Fiat 500がイタリア本国で発売開始されたのが7月。そろそろ日本上陸のニュースが来てもいいと思うのだが、まだ先なのか?! 先日の東京モーターショーでも姿なしだし・・・。早く実車を見てみたいなぁ。試乗してみたいなぁ。 ちなみに、 日本のカー・オブ・ザ・イヤーはホンダ・フィットが選ばれたようだ。正常進化が素直に認められたということで予想の範囲内だったが、RJCイヤーカーのデミオが大差の5位に沈んだのは予想外だった。
関連記事

クラブドアが右側にある理由

20071119_mini_clubman.jpg 先日、ミニ・クラブマンの観音開きドア(クラブドア)が日本仕様でも右側についていることがわかった。なんで左側でないのか?と疑問&不満があったが、CORISMのミニ クラブマン 海外試乗記にその技術的な理由が書いてあった。 ================== (前略) クラブマンドアは右側だけに付く。それは左側には燃料給油口があるからで、設計上この位置を換えるわけにはいかなかったからだ。ゆえに左右どちらのハンドルでもクラブマンドアは右側のみとなった。 ================== なるほど、燃料給油口ね~。左側にあって右側にないものは確かに燃料給油口。これでクラブドアが右側にある理由がわかり、疑問は解決したが、やはり不満は残る・・・。 ◎関連Blog ・BMWおたっきーず!Blog
関連記事

あれもこれも欲しい

出向元の所用で金曜夕方から土曜にかけて大阪に行っていた。この所用の準備のせいで平日の夜も休日もかなり潰されていたが、一応所用は終了し、ストレス・プレッシャーから少し開放されたかな。

緊張から開放されたら、物欲も開放してしまった気が・・・^^; 液晶テレビ欲しい、Wii欲しい、携帯換えたい・・。携帯はホットモックを触ってから考えることになるが、前の2つは即購入しそう。

関連記事

SBIファンドバンクがすごい!?

今日開設した投信販売会社SBIファンドバンク
サイトが重く、途中で接続エラーが出て、詳細が見れない状態だが、新規募集ファンドをみて驚いた。国際分散投資ファンドを低コストで購入できるではないか!! 特にグローバルREITのノーロード、信託報酬1%以下(+1年決算)なんて、「投資信託の手数料革命を目指す」という宣言に相応しいかも。
=======================
STAM TOPIXインデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.46%(税込0.483%)

STAM 外国株式インデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.74%(税込0.777%)

STAM 国内債券インデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.44%(税込0.462%)

STAM 外国債券インデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.64%(税込0.672%)

STAM J-REITインデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.64%(税込0.672%)

STAM グローバルREITインデックス・オープン
 買付手数料ゼロ、信託報酬0.82%(税込0.861%)

=======================
今後、もう少し詳しく調べないといけないが、場合によっては、セゾン投信からこちらに移って国際分散投資してもいいかな?!と思うほどのインパクトだった。

◎関連Blog
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
NightWalker's Investment Blog
rennyの備忘録

(2007/11/15追記)
上記6インデックスファンドは金額指定(分配金再投資)には対応しているが、積立には対応していないようだ。ぜひとも積立もできるようにして欲しい。いずれにしろファンド設定の来年1月が楽しみだ。
関連記事

RJCカー・オブ・ザ・イヤー

デミオ、RJCカー・オブ・ザ・イヤーに輝く【carview】 20071114demio.jpg いつの間にか最終選考会が行われていたようだが、新型デミオが受賞したそうだ。個性的なデザイン、軽量化・ミラーサイクルエンジン採用といった優れた環境性能など、確かに評価されるに相応しい車だと思う。(試乗した時の印象もなかなか良かったし) ちなみに、 RJCカー・オブ・ザ・イヤー・インポートはプジョー207で、新型MINIは次点だった模様。同じエンジンをのっけているプジョー207に負けるとは複雑な気分・・・(プジョーは運転したことがないので乗り味はわからないが。。)
関連記事

韓国株式ETFは11/19上場

外国ETF(KODEX 200 上場指数投資信託)の上場を承認しました【東証HP】 東証から正式発表があった。1週間後に上場とは急というか、発表が遅すぎるような気もするが、こんなもんかな?! ついでに言えば、前日に情報をすっぱ抜かれるというのもなんとも・・・。 なんで韓国株式ETFなの?と思わずにはいられないが、東証は「今後も欧米など主要市場のETFの誘致を積極的に進める方針」らしい(NIKKEI NET記事による)。大いに期待したいところ。
関連記事

東証に韓国株価指数連動型ETF

海外ETF、韓国の株価指数に連動・東証、月内に初上場【NIKKEI NET】 東証の海外ETFについては、先日のBlog記事(2007年10月28日)で金連動ETFが有力だと思われていたが、もうひとつ検討されていた韓国株価指数連動型ETFの方が最初に上場するようだ。 韓国株式ETFか・・・・。今のタイミングなら「まだしも」金連動ETFの方が興味が沸くのだが・・・。また、最低投資金額30万円強もハードルが高そう。 とはいえ、とにかく海外ETFのレパートリーが増えることは良いこと。今後も東証、そして大証の動向に注目していきたい。 ◎関連Blog ・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーNightWalker's Investment Blogカン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!
関連記事

MINI帰る

車検を終えて1週間ぶりに帰ってきた。
やっぱMy MINIはええわ~(^-^)
20071110mini_ex.jpg
20071110mini_in.jpg

費用は、11/6の連絡時の見積りとおりだった。(車検、定期整備、パーツ交換全て合わせて166k¥) 「グローブボックス付近の異音は再現せず、結局特定ができなかった」とのこと。
ちなみに、車検の記念品みたいなものは一切なし(というか、今回は車検案内すらこなかった)。1回目の車検の時は(この時は茨城だったが)、ピンバッチセットとかリュックサックとかマグカップとかいろいろ貰えたのだが・・・。ま、使わないものを貰っても置き場がないので良しとするか・・・。


続きを読む
関連記事

周回遅れのネット銀行選び

NightWalker's Investment Blog投信で手堅くlay-up!のイーバンク銀行 サービス内容改悪の記事を読んで思ったこと。

「なんで、ワシは、ネット銀行ならではのATM無料サービスなどをこれまで活用していなかったのだ?!」

主な原因としては、
1)管理が面倒になるので銀行口座をあまり増やしたくなかった
2)ATM無料といっても、近所にセブン銀行がないし、ゆうちょ銀行も利用時間が限られていて、サービスの恩恵を受けにくい印象があった。
といったところなのだが、
毎回、引き出し手数料105円(場合によっては210円)を払うのはもったいないし、よくよく調べたら(多少不便だか)サービスを使えるではないか!

ということで、遅ればせながら、サービスの良いネット銀行を調べて、利用することにした。

用 途:生活資金引き落とし用
使用したいサービス:ATM無料、同行・他行振込み無料サービス
調べてみて良さそうだった候補
・新生銀行
・イーバンク銀行
・住信SBI銀行

ザッと調べた限りでは、上記候補の中でも現状では新生銀行のサービスが群を抜いているようなので、口座を開設しようかと思う。

サービス改悪が気になる一方で、新しくできた住信SBI銀行は気になる存在。今は口座開設しようとまでは至っていないが、今後の動向に注目しておきたい。
関連記事

あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー

2007-2008あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤーが、11月3日~11月23日の期間で投票を受けつけているようだ。 コンパクト部門/インポート部門に新型MINIがエントリーされていた。そういえば、フルモデルチェンジしたのは今年か。。。コンパクト部門では、(キープコンセプトの新型MINIより)新型デミオが強く印象に残っている。デミオに注目かな。 投票しようと思ったが、登録が面倒そうなので、とりあえず今日はやめておこ。。。
関連記事

MINI車検見積り中

先週土曜に車検でディーラに預けたが、大体の調査・点検が終わったらしく、その結果と見積りの連絡が来た。
ワシからの依頼事項
 ・ワイパーゴム交換
 ・助手席側ドアロック解除不可(→パーツ交換)
 ・ヘッドライト周りのクロームメッキ剥がれ(→メッキリング交換)
 ・グローブボックス付近の異音調査&処置(→継続調査中)
点検で発見された処置事項
 ・ブレーキオイル交換
 ・ベルト交換
 ・ハイマウントストップランプ交換
 ・サイドウィンカーバルブ交換(またクロームバルブを買わねば・・・)

上記に車検代を含めて、合計17万円程度になるとのこと(グローブボックス付近の異音調査&処置の内容によってはもう少し掛かるらしい)。
想定の範囲内とはいえ、結構掛かるなぁ~(´ヘ`;)
関連記事

自己満足投資

世界的環境の変化に関連する3つの投資テーマにかかわる世界の企業の株式に投資するファンド、フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド<水と大地とエネルギー>に少額投資した。 具体的には、  ・クリーン・エネルギー関連企業  ・ウォーター・ビジネス関連企業  ・食糧ビジネス関連企業 の株式に1/3ずつ投資を行なう海外株式ファンドだ(現在、日本は約9%)。 手数料(税込)3.15%、信託報酬 年1.218%とインデックスファンドと比べると割高であるが、本ファンドで世界の環境に関わる多くの企業に投資しているということで、今 自己満足感に浸っている ^^;
関連記事

MINIクラブマンのカタログ届く

先日、「みにろぐ」 - for MINI COOPER SMINI Clubmanデビューキャンペーンのことを知り、とりあえず応募したのだが、まずはMINIクラブマンのカタログが届いた。
20071104_mini_c.jpg
カタログを見て気づいたことを2つほど。
①クラブドア(観音開きドア)は、日本仕様も右側!?
てっきり助手席側(左側)に付くと思っていたクラブドアだが、カタログ写真を見ると運転席側(右側)にクラブドアが・・・。
後部座席に座るとき、まずは助手席の後ろ側から座ると思うのだが(運転席側はポジション取りによっては後部座席スペースが狭くなるため)、そういう意味ではクラブドアが運転席側にあるとちょっと不便な気がする。欧州仕様(左ハンドル)でクラブドアが右側というのは納得いくのだが、これが最終日本仕様だとしたらクラブドアの価値が半減してしまうのではないかな?
②カラー・コンビネーションは40種類以上!
ボディ+ルーフのカラー・コンビネーションしかないと思っていたが、MINIクラブマンはボディ+ルーフ+Cピラーの3箇所のコンビネーションがあるそうだ。つまり、ボディ+ルーフが同色でCピラーだけ別色にもできる。カラー・コンビネーションだけでもかなり個性が出せそうだ。

◎ミニ・クラブマン 過去の記事
2007年10月27日:MINIクラブマン、予約受付を開始
2007年10月13日:ミニ・クラブマン もうすぐ日本上陸
2007年07月31日:ニューミニ・クラブマン(スペック)
2007年07月29日:ニューミニ・クラブマン
関連記事

MINI入庫

2度目の車検を受けるため、MINIをディーラに預けてきた。 20071103_mini.jpg 車検と合わせて、  ①助手席側のドアロック解除不可の修理  ②グローブボックス付近の異音調査・対策  ③ワイパーゴム交換  ④ヘッドライト周りクロームメッキ部品の交換(調査中) を頼んできた。これ以外の不具合が出てこなければいいのだが・・・。 車検中の代車はなんとアメ車20071103_ford.jpgフォード レーザー(グレード:F) 「MINIを代車にしてくれ」とは言わないが、せめてMINIと似たようなサイズ(できれば乗り味も)の車を用意しれくれるとありがたいのだが。。。違和感ありすぎで運転怖っ! 大きな不具合がなければ1週間で退院予定だが、MINIが運転できなくてなんともつまらん1週間になりそうだ (´ヘ`;)
関連記事

「MO手抜きファンド」月報(10月)

先月比:+3.6% (2007.10.31現在)
設定来:+4.5% (2007.3 設定)
============================
ファンド名称:MO手抜きファンド
投資方針:手数料の安いインデックス・バランスファンドを活用し、あまり手間をかけずに世界分散投資する。詳細はこちら
組入ファンド
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(83%)
売・トピックスオープン
新・好配当ジャパン・オープン
 ・ステート・ストリート 外国株式インデックス
 ・DIAM VIPフォーカス・ファンド
新・ドイチェ・インド株式ファンド
 ・ブラックロック ラテンアメリカファンド
売・GS グローバルREITポートフォリオ
・ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
売・イーバンク・ヘッジファンド
新・金価格連動型上場投資信託(1328)
投資比率
 日本株式 6%、日本債券 7%
 外国株式51%、外国債券34%、外国不動産 1%、その他 1%
============================
景気減速のリスクが高まっていると言われているが、アメリカの金利引き下げ期待などで、日本以外の株式市場は堅調。特に新興国市場は好調だった。
為替も1ドル114円付近で安定していたことから、手抜きファンド全体のパフォーマンスも安定していたようだ。

今月は、主力のセゾン・バンガード・グローバルバランスF以外の組入ファンドを大幅に変更。(大幅変更により見かけ上セゾンFの割合が増加した)
日本株式ファンドをパフォーマンスの観点から、トピックスオープンから好配当ジャパン・オープン<株式時代>に変更。定期積立することにした。ただ、分配が年4回なので、今後、証券税制の税率軽減がなくなる(10%→20%)なら、無分配のファンドへの乗り換えを考えねばならないかも・・・。
グローバルREITをGS グローバルREITポートフォリオから、ノーロードのワールド・リート・オープン(毎月決算型)に変更。アメリカREITの投資割合が低いファンドにこだわっていたが、やはり購入手数料1.57%は大きすぎる。いつか設定されるであろう、手数料割安のグローバルREITファンド、グローバルREIT ETFまでの繋ぎということで割り切ることにした。これも定期積立を設定。
その他、ヘッジファンドという響きに憧れて、昨年より保有していたイーバンク・ヘッジファンドだが、株式市場に連動した基準価額の大きな変動に納得いかないので、全解約。代わりに金価格連動型上場投資信託(1328)<金連動ETF>を購入。11月上場予定の東証の金連動ETFが気になるところ。
また、ドイチェ・インド株式ファンドを定期積立開始。

今後も引き続き定期積立メインで世界分散投資を行っていく予定。
関連記事