2009年04月 の記事一覧

旅行中

明日、明後日と休みが取れたので
瀬戸大橋を渡って四国へ。。。
1000円高速を最大限に活用している。
朝早く出たので渋滞は事故以外では無し。快適なドライブだった。
とりあえず、次の1000円高速の日までうろついてる予定。
続きを読む
関連記事

App Storeのアプリダウンロード数が10億を突破

App Storeのアプリダウンロード数が10億を突破【ITmedia】

アップルがWebサイトで実施していた「10億Appカウントダウン」が、日本時間の4月24日早朝に10億に達した。iPhone・iPod touch用アプリは、2008年7月11日のApp Store開設から急速にその数を増やし、約9カ月で10億ダウンロードを達成した。

ワシもiPod touchを購入してからApp Storeを利用しており、10億分の数十はワシのダウンロードだ。
最近は、アプリ関連のBlogを巡回していることもあり、ついでにApp Storeを覗くことが多くなっている。また、1ソフトが無料~数百円という低価格ということもあり、有料ソフトもダウンロードする機会が多くなってきている。Appleの囲い込み戦略にハマッてしまったなぁ。
「iPhone OS 3.0」が公開されれば、iPhone・iPod touchはさらに使いやすくなるだろうし、新OSの機能を活用した新アプリも登場するだろう。
今後、App Storeのアプリダウンロード数はさらに加速するじゃないかな。
ワシのアプリダウンロード数もさらに加速するじゃないかな?! ^^;
関連記事

債券ETFという選択

投資先を全てSTAM インデックスシリーズにすべく、外国債券投信を世界国債インデックスファンド(年1回決算型)からSTAM グローバル債券インデックス・オープンに乗り換えようとしている。
定期積立先は既に変更したが、売却分をまとまって購入し直す(=スポット投資)なら、「投信より債券ETFという選択肢もあるのではないか?」と思い、少し調べてみた。

SBI証券取り扱いだと、5つの債券ETFを取り扱っている。

iシェアーズ バークレイズ債券総合ファンド(AGG)
管理報酬:年0.24%
バークレイズキャピタル 米国総合 インデックス。米国の投資適格債券市場全体のパフォーマンスを測る指標でドル建て固定金利、残存期間1年以上の債券で構成される。

iシェアーズ バークレイズ20年超米国国債ファンド(TLT)
管理報酬:年0.15%
バークレーズ20年超米国国債インデックスは時価総額加重型で、公開発行された米国財務省証券であって、残存期間が20年超、米ドル建て、ムーディーズ・インベスターズ・サービスで投資適格(Baa3以上)の格付け、固定金利、発行残高(額面ベース)1億5000万ドル超のすべての証券で構成される。

その他に、米国インフレ連動国債(TIP)、米ドル建て投資適格社債(LQD)、米ドル建てハイイールド社債(HYG)

●参考
STAM グローバル債券インデックス・オープン
信託報酬:年0.672%
主として「住信 外国債券インデックス マザーファンド」を通じて、原則として日本を除く世界の主要国の公社債等に分散投資し、代表的な外国債券指数であるシティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)に連動する投資成果を目指します。
 通貨別組入比率 上位(円換算ベース)
   ユーロ:約50%、 米国ドル:約32%、 英国ポンド:約9%


債券ETFは、外国債券投信と比較すると・・・ 続きを読む
関連記事

新生銀行 と あおぞら銀行が統合か?!

新生・あおぞら銀が統合交渉 来年夏メド、総資産国内6位【NIKKEI NET】

新生銀行とあおぞら銀行が2010年夏の経営統合を目指して、調整に入ったことが24日、明らかになった。ともに企業金融を柱とする旧長期信用銀行同士の統合という強みを生かし、競争力の強化を目指す。実現すれば総資産が18兆円を超え、中央三井トラスト・ホールディングスを抜く国内6位の大手行が誕生する。それぞれの筆頭株主である米ファンドの意向が統合実現の焦点になる。


統合もいいけど、新生銀行の口座開設者として、ひと言、ふた言・・・。
サービス改悪はやめてね。
システムトラブルは勘弁してね。

カッコ悪い銀行名にしないでね (笑)
関連記事

ひっそりと・・・

メールのお知らせがなかったようでスッカリ忘れていたが、1月8日に発行された第14回マネックス債が満期を迎えていた。

次回の発行予定は発表されていないが、次があるとしたら、(SBI債との利率差を踏まえ)利率の変更などがあるのか気になるところ。
関連記事

会長直筆!?のハガキ

少し前の出来事だが、
コモンズ30ファンドに投資した数週間後に、コモンズ投信からハガキが届いた。

なんと!コモンズ投信の渋澤 健 会長直筆(と思われる)文章入り!

こういうのは初めてで、驚いたし、うれしかった。
ファンド立ち上げ初期の小所帯ならではの心憎いサービスだと思うが、今後こんなことをやってられなくなるほど大きなファンドに成長して欲しいものだ。
ワシもさらなる応援(追加投資)したいのは山々だが、未だ投資先30企業の全容も見えないので、なんとも・・・^^;
関連記事

見た目じゃ判断できませんなぁ

「奇跡の歌姫」世界を席巻=オーディション番組の47歳女性-英【時事ドットコム】

英国のテレビの一般参加オーディション番組に出演した47歳の女性が、地味な外見と裏腹の見事な歌声を披露し、世界の注目を集めている。BBC放送(電子版)によると、番組の様子が投稿された動画サイトのクリック数は、18日までに約5000万件に達した。


記事自体は昼休みに見つけていたのだが、帰宅してからYouTubeでみたらビックリ。

歌は心/スーザン・ボイル─Susan Boyle (日本語字幕版)【YouTube】

しゃべってる時と歌ってる時の「声」と「立ち居振る舞い」が全然ちゃうやん! (失礼ながら、見た目とのギャップも手伝って)まさしく奇跡の歌姫。歌い始めですぐに会場の雰囲気が変わった。鳥肌もんだった。審査員(普段はかなり辛口らしいが・・・)のコメントもシャレてるなぁ。
彼女の今後だが、以前「奇跡体験!アンビリバボー」で見たポール・ポッツ氏と同じようなサクセスストーリーを歩むのだろうか?! 同じ「BRITAIN'S GOT TALENT」というイギリスの番組らしいけど・・・。 続きを読む
関連記事

景気対策を活用

リーマンショックから半年。
定額給付金、休日1000円高速といった直接的に恩恵を受けられる景気対策がやっとが実行に移されつつある。
2009-03-30:定額給付金、振り込まれる。
2009-03-28:1000円高速

ワシの感覚としては、
定額給付金は銀行口座に振り込まれたが、少額だし振込みだし使用期限もないし、「使わないとっ!」という感覚に乏しい。ワシはとりあえず単元未満株投資の足しにでもしようとしているが・・・。周りで話題にもならないし、それほど景気に効果はなく、おそらく失策となるのではないか?
一方、休日1000円高速は、普通車+ETC設置車のみの制限が批判されているが、割引の恩恵を受られるワシにはかなりインパクトがあった。(年度初めで仕事も一息ついたこともあり)ここ3週間の週末は高速道路を利用して、あちこち遠出している(結果として行く先々でお金を使っている)。
今のところ、劇的に交通量が増えたわけではないようだが、ETCが品薄になるほど人気だそうで、今後対策の効果が出てきそうな気がする(ただ渋滞、環境負荷は心配)。 続きを読む
関連記事

他より ホンのちょっと低コストのTOPIX ETFが上場

三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、5月上場【NIKKEI NET】

三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型の上場投資信託(ETF)で信託報酬を0.08%まで引き下げる。国内ETFでは最も低コストのETFになる。すでに同指数に連動するETFは東京証券取引所に3本上場されている。


ETF後発組の三菱UFJ投信が、3本目のETFを上場させるそうだ。Core 30、日経平均ときて、次は(予想とおり!?)TOPIX連動型・・・だった。
後発組ならではの、低コスト(信託報酬の安さ)を売りのひとつにしているそうだが、その差が0.1%にも満たないとなると、わざわざ乗り換えようと考える人は少ないのではないか?(ワシは様子見) TOPIX連動型ETFはすでに3本上場しており、むしろ流動性の方が気になる

三菱UFJ投信のMAXIS ETF。低コスト路線など評価できる部分もあるが、既に上場されているタイプのETFしか上場させておらず、今のところ期待ハズレの印象が強い。今後、ETF後発組ならではのチャレンジに期待したい。
(半年くらい前の記事では、「外国の株価指数や債券などに連動するETFの上場も検討している。」とあって、期待しているのだが・・・)

◎関連Blog
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
チョイワル添乗員資産運用日記

◎関連記事
2009-02-08:三菱UFJ投信が日経225ETF設定
2008-09-02:三菱UFJ投信がETF参入
関連記事

リレー投資準備中

外国株式投信の積立額がまとまったので、リレー投資すべく投信を売却した。
すぐに海外ETFにリレー投資すればいいのだが、最近、株式市場が好調で、為替も比較的円安で安定しているので、投資タイミングを図っている。5年、10年のスパンで考えれば、おそらくそれほどの差にはならないのだろうが、どうも近視眼になってしまってイカン ^^;
関連記事

あ~あ

「給料が下がる」37.6%――2009年4月以降の給与事情【ヤフーニュース】

世間の流れに漏れず、ウチの会社もとうとう全社員の給料(給与)カットに踏み切るそうだ。あ~あ・・・(o_ _)o (1年間の緊急的時限措置ということではあるが・・・)
業績が悪いので仕方がないとはいえ、それはボーナスカットで調整すべきで、給与カットは今後の悪しき前例になりそうで気に入らない。

・・・・・最終的に行き着くところが、「会社があるだけ、仕事があるだけヨシとしよう・・・」ということになってしまうのが、くやしいなぁ。 続きを読む
関連記事

環境ETFというより製造業ETFのような・・・

環境関連事業を手掛ける代表的な日本企業を投資対象とするETF(上場投資信託)「上場インデックスファンド FTSE日本グリーンチップ35」が4月28日に東証に上場するらしい。

日興アセットマネジメントが日本初の環境ETFを4月28日に東証に上場【モーニングスター】
【投信スタート2】上場インデックスファンドFTSE日本グリーンチップ35【ETFクルーク】

FTSE日本グリーンチップ35指数に連動するETFとのこと。信託報酬は0.42%。

FTSE日本グリーンチップ35指数というのは、環境関連事業分野(温室効果ガス削減、水資源問題、廃棄物処理、資源再利用など)毎に、ユニバースの銘柄を整理し、当該環境関連事業分野毎に、事業規模などで代表的な35銘柄を対象に算出されるもの。

環境関連事業の代表的な企業に投資するというと聞こえは良いが、主な構成銘柄(2009年2月末現在)を見ると、
  本田技研工業:13.5%
  パナソニック:11.2%
  トヨタ自動車:11.2%
  ソニー:8.8%
  京セラ:5.9%
  三菱重工:5.0%
  シャープ:3.4%
  三菱電機:3.4%
  日立製作所:3.3%
  東芝:3.1%
と、超有名総合メーカ10社で約7割を占めており、環境ETFというより製造業ETFという感じ総合メーカがメインで環境事業特化型メーカの寄与が少ないので、パフォーマンス(リターン)としてはTOPIXあたりと大して変わらないかも・・・。あとは投資精神(?)、気分の問題かな・・・。 続きを読む
関連記事

エレファンツ、ホーム開幕戦飾る!

WBCが日本の2連覇で終わり、プロ野球が開幕し、そして、BCリーグ・プロ野球独立リーグが昨日開幕した。
今日は、福井ミラクルエレファンツのホームの開幕戦ということで、スタンド観戦に行ってきた。(ホームゲームといっても、車で1時間以上掛かるのだが・・・^^; )
20090412elephants01.jpg
20090412elephants03.jpg

20090412elephants02.jpg
 ▲ホーム開幕戦ということで、始球式に達川氏が!

28℃の猛暑の中、行き詰る投手戦で8回表まで0-0。しかし、8回裏にヒットと相手のエラーで1点先制!(観客2,756人のスタンド大騒ぎ) 最終回の攻撃もしのぎ、ホーム開幕戦を勝利で飾った。
(ついでに、ワシのスタンド観戦時初勝利♪ (^-^)/ )
20090412elephants04.jpg

昨年は5試合目で初勝利だったが、今年は2試合目での勝利。チームも2年目で確実に昨年より力をつけているようだ。今シーズンも先は長いが頑張って欲しい。
関連記事

iシェアーズ、CVCキャピタルへ

iシェアーズ・ビジネス(上場投信ビジネス)がプライベートエクイティ・CVCキャピタル・パートナーズに売却されることに決まったそうだ。

iシェアーズ・ビジネス売却について【バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ】

iシェアーズ営業部門以外の当社の営業、運用体制には一切変更はないということで、iシェアーズの2ETF
 iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックス ファンド【KXI】
 iシェアーズ MSCI エマージング・マーケッツ・インデックス・ファンド【EEM】

を保有している身(しかも、KXIは今後買い増し予定)としては、ひと安心。

しかし、プライベートエクイティというのは、簡単にいうと「買収した企業や不動産の価値を高めて売却する投資家」なので、iシェアーズはいずれ、どこかに売却されることになる。
ETFは分散投資によりリスク分散しているわけだが、まさかETFの運営会社が変更になり、それが今後のリスクや心配の種になるとは思わなかった (´ヘ`;)
関連記事

三菱UFJ証券で元社員が顧客情報売却

5万人の情報、名簿業者に売却=148万人分持ち帰り-三菱UFJ証券部長代理【ヤフーニュース】

ワシは、三菱UFJ証券は口座をもってないので被害はなかったが、流出した情報には、名前や住所だけでなく、勤務先や年収まで含まれていたそうで、該当する人は気が気ではないだろう。

ワシは、結構な数の口座を保有している。以前、証券会社口座の整理を行った時も数社の解約のみで終わってしまった。最近、やっと個別株式・海外ETF・投資信託のメイン取引会社を決めたので、(情報漏えいのリスクも考慮し)それ以外の口座は解約措置を取ろうと思う。
今回、こんなことが起きたので、確実に情報リスク管理も進めていきたいと思う。

◎関連Blog
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
NightWalker's Investment Blog
関連記事

レジ袋有料化、開始

最近、うちの近所でもレジ袋有料化が開始されたが、試しにレジ袋を買ってみたら5円だという。高っ! (毎回5円は癪なので)今後は、今日買った5円レジ袋を持参することにするか・・・^^; エコバックは買わん。

◎関連記事
2009-03-07:レジ袋有料化の波 続きを読む
関連記事

自動車保険更新

4月は毎度の自動車保険更新の時期。
一応、一括見積りを行って各保険会社の見積りをもらったが、昨年と同じ保険会社が最も安かったので、そのまま継続更新を行った。
毎年、「そろそろ車両保険(フルカバータイプ)を外そうか・・・」と考えるが、万一のことを考えてそのままにしている。ま、安心料ということで・・・。

◎関連記事
2008-02-13:自動車保険見直し 続きを読む
関連記事

コカ・コーラ株主優待届く

期末配当振込みから遅れること1週間。
三国コカ・コーラボトリング(2572)から株主優待が届いた。

20090405m_cola1.jpg
20090405m_cola2.jpg

自社商品詰合わせ6本セットだが、福井の春は寒く、あまりコールドを飲む気にならないのがネック ^^; もう少しの間、冷蔵庫に入れておくことになりそうだ。 続きを読む
関連記事

Edyの憂鬱

ワシが、比較的最近利用し始めた「Edy」だが、混んでいる所や急ぎの時の支払いに小銭をジャラジャラさせないで良いので、利用の場を広げている。最近では、コンビニの他に、DVDレンタル、駅ナカ、高速のSAでも使用した。

ただ、Edyを企画・運営するビットワレットの経営状態はあまり良くないようだ。利用は伸びているが、赤字も増えているとか・・・。で、増資。電子マネーを利用するにあたり、利用施設数とカードの発行枚数とで他を圧倒していたEdyを選択したのだが、経営はそれだけでは安泰というわけではなさそうだ。
大赤字電子マネー「エディ」 6回目増資でも撤退なさそう【ヤフーニュース】

今や、電鉄系のスイカやパスモ、流通系のナナコ、ワオンが追い上げてきているとか。。。特に、首都圏ではSuicaの潜在力は高そう。
ローソン、JR東日本エリア内店舗でのSuicaサービスを4月8日から順次スタート【ITmedia +D モバイル】

6回目の増資をしたばかりのビットワレットだが、今後も競争は厳しそうだ。

◎関連記事
2008-09-23:今頃、初Edy
関連記事

ダウジョーンズ指数ハンカチ

ダウジョーンズ指数のハンカチ 【革新的発明と製品情報】

20090402dow_jones.jpg
なかなかシャレたハンカチだと思う(売価28ドルだとか)。

写真は、リーマンショック後の暴落チャートのようだ。この後、指数が回復したところで購入すると気分良いかも。株も、ダウジョーンズ指数ハンカチも買い時が重要!ということで・・・^^;
関連記事

SBI債申込み

昨日、SBI債のことを知ってBlogにも書いたが、その時点で申込むことはほぼ決めていた。
悩ましいのは購入金額なのだが、
「悩んでいる時点で不安感があるわけで、それなら最低購入金額にしておこう・・・」
ということで、6ヶ月もの10万円申し込んだ。

利益を得ようというよりは(10万円で利払金1,440円)、一部余裕資金でSBIの社債という投資の選択肢を試してみよう、という感じ。 続きを読む
関連記事