2010年09月 の記事一覧

MOファンド月報(2010年9月)

先月比:+6.9%(2010.9.30現在)
設定来:-10.6%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入ETF・投信
・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
・コモンズ30ファンド
・ひふみ投信
・結い2101
・DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
・eMAXIS 国内リートインデックス
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 (セゾン資産形成の達人ファンド,上場MSCIコクサイ株【1680】)
投資比率
  日本株式 9%、日本債券 13%、J-REIT 3%
  外国株式 65%、外国債券 10%
============================
先月は、15年ぶりに1ドル83円台をつけるなど円高、円高の1ヶ月だったが、今月は日本政府の6年半ぶり為替介入があり、今月も為替の話題が多かったように思う。為替介入で一時円安に振れるなど、日本株式市場も多少は先高感が出てきたようで、8月末の日経平均9000円割れから9400円程度まで回復した。また、NY株式市場など外国株式市場はより堅調だった。
本ファンドは、全てのアセットでプラスだったが、特に外国株式アセット(約+6%)が好調だった。(本ファンド全体で+7%となっているが、新規に組み入れた日本債券アセットで約2%かさ上げされている。)
ETF・投信への投資については、国内株式、J-REIT、外国(先進国・新興国)株式、外国債券、セゾンGBFへの定期積立を実施した。
新規組み入れとして、日本株式アセットに「ひふみ投信」(→定期積立申し込み中)、日本債券アセットに「DLIBJ 公社債オープン(中期コース)」(→スポット投資で対応)に投資。「ひふみ投信」は、私の個別株投資のチェック銘柄、投資銘柄と重複しているものも多く、個別株投資枠を少し減らして、当該投信に定期積立することにした。
一方、外国債券アセットはその投資比率を大きく下げるため、「STAM グローバル債券インデックス・オープン」は来月に全売却予定。
今年もあと3ヶ月となった(あっという間の今年9ヶ月だった)。10月も相変わらず不安定な株式市場、為替相場が続きそうだが、引き続き定期積立を継続していく予定。
関連記事

DLIBJ公社債オープン組み入れ

2か月くらい前に、定期預金の満期後でとりあえず投資していたDLIBJ公社債オープン(中期コース)だが、国内債券アセットとして、そのまま長期投資に組み込むことにした。
(結局、当時の予想とおりになった)
その一方で、
為替変動によるパフォーマンス感度を下げるため外国債券アセットの投資比率は減らす予定。セゾン・バンガード・GBFの外国債券アセット部分以外は保有しないようにしようと考えている。

結果として、国内はほとんどアクティブ、海外はインデックスで運用することになった。


◆関連記事
2010-07-21:満期定期預金の預け先
関連記事

国勢調査、他

国勢調査の資料が、郵便ポストに入っていた。
かなり久しぶりな感じだ。
1週間弱の猶予はあるようなので、中身は明日見よ・・・^^;


そういえば、
今日は、3月・9月決算銘柄の権利付最終売買日だった。
国内の株価は全体的には低迷しており(NYダウなどと日経平均を比べるとその差は歴然)、景気先行きも不安があるが、個別銘柄は配当もらって再投資、投信は定期積立を活用しての定期投資を着々と投資を実施していきたい。
関連記事

ミラクルV!

福井ミラクルエレファンツ!

2010年BCリーグ
北陸地区・後期シーズン優勝!

バンザ~イ\(^o^)/

バンザ~イ\(^o^)/

バンザ~イ\(^o^)/




過去2年は、全シーズン最下位だったのが、今年前期は初の勝ち越しで2位。少しずつ良くなってきていると思っていたら、この後期、創立3年目で初優勝!!!

20100925fukui_m1.jpg
20100925fukui_noda.jpg
 ▲野田監督、おめでとうございます

今日の試合も逆転だったが、先制されても粘り強く守って、打撃好調の中軸を中心に反撃。2~3点のビハインドなら追いつけるというチームの勢いみたいなものを感じた。また、積極的な走塁も目立った(個人的には「おぃおぃ、ここで単独スチール?!」みたいな場面もあったが・・・^^; )。

本日の観客数4,053人と、エレファンツ創立以来の最多観客数更新となった。
今日みたいな地に足がついた試合をしていれば、自ずと結果はついてくるし、結果が出れば順位が上がって多くの観客が観戦に来る。おそらく経営は相変わらず厳しいものと思うが、今後もこんな良いサイクルが続けばいいと思う。 続きを読む
関連記事

やっぱり、バッテリーの減り早いんじゃ?

相変わらず、たまにONしては「充電しないと・・・」という状態の我がiPod touch(2nd)。iOS4.1をインストールしてからの症状だ。

◆関連記事
2010-09-14:iOS4.1は軽いが、バッテリー食い?!

少し調べてみたら、アンケート調査しているサイトがあった。

iOS4.1にバージョンアップするとiPhoneの電池の減りが加速=TechWave読者アンケート結果【湯川】【TechWave】

自分だけでなく、やはり多くの人が「iOS4.1で電池の減りが加速した」と感じているようだ。不便なので早期の改善希望・・・。 続きを読む
関連記事

新型ポロGTI

VW、史上最高のポロGTIを発売【carview】

01_l.jpg

ポロGTIの販売が開始された。
パワートレインが、ゴルフ・ハイラインに搭載される1.4リッターTSIエンジン(スーパーチャージャーとターボチャージャーのツインチャージャー仕様)をGTI専用チューニングしたものということで、179馬力(ノーマルポロの70%増し)は圧巻。
おまけに、乾式7速DSGとの組み合わせで、16.6km/Lの低燃費(GTI史上最高の燃費効率)を実現している。

ゆえに、記事のタイトルが「史上最高のポロGTI」となっているわけだが、価格も史上最高らしい。先代ポロGTIが250万円程度で設定されていたのに対し、新型は300万円近く。最近の円高もお構いなしでかなりの価格設定。
ただ、他のコンパクトホットハッチ、MINI クーパS、アルファロメオ MiTo、フィアット アバルト・500などが300万円前後であることを考えると、これが現在の相場なのかもしれない。
関連記事

車買い換え

先日の試乗から考えに考え抜いて、
結果、新型ポロ、フォルクスワーゲン ポロ TSI コンフォートラインに乗り換えることを決断。本日契約してきた。カラーは相変わらずシルバー^^
人生で2番目に高い買い物だったが(1位は現車のミニ)、エコカー減税とエコカー補助金に相当するサポート制度、かつ先方にも勉強してもらって、かなりいい買い物が出来たと思う。

納車は11月初旬頃の予定。少し時間はあるが、それまでMINIは大事乗っていきたいと思う。

features_ex03.jpg
関連記事

昨日、6年半ぶり為替介入

昨日、6年半ぶり為替介入があった。
6年半前というと、株式投資を始める少し前で当時のことは記憶にないが、単発ではなくかなりに期間(半年程度)為替介入を行っていたようだ。当時の為替チャートを見ると、介入中は円安傾向だったが、終了後には結局円高が進み、それと合わせるように日本株式市場も低迷。
今回も日本単独の介入なので、6年前同様に息切れしてまた円高という可能性も十分にある。為替介入の期間内にアメリカ経済に再び回復の兆しが見えれば・・・というのがわずかな希望だろうか・・・。
関連記事

菅氏民主党代表再選で円高進行?!

<外為>NY円、一時82円台 15年3カ月ぶり円高水準【ヤフーニュース】

14日のニューヨーク外国為替市場は、円相場が一時、1ドル=82円90銭台に急伸した。82円台は95年5月下旬以来15年3カ月ぶりの円高水準。これに先立つ東京市場で、菅直人首相が民主党代表選で再選された直後に円高が進み、海外市場でその流れを引き継いだ。為替介入に関して菅首相は小沢一郎前幹事長より慎重と指摘され、介入への警戒感が薄らいで円が買い進まれた。
後略

民主党代表戦は、意外と大差で、菅総理が再選した。
これをうけて、為替への口先介入を見透かされているようで、再び円高が進行しているようだ。
1円また1円と急激に円高が進んでいるのは、日本株式市場にあまりプラスには働かないだろう。。NY株式市場はそれなりに堅調のようだが、日本株式市場はこのままでは一進一退もしくは下値探りの展開になりそうな気がする・・・。
早急な経済対策といっても、ねじれ国会で、なにを決めるにも時間が掛かりそうだし、先行きは明るくないですなぁ。
関連記事

iOS4.1は軽いが、バッテリー食い?!

iOS4.0にアップデートして、最新でない機種(iPhone3GS、3G、一世代以上前のiPod touch)で動作が重くなる情報が流れた。確かにワシのiPod touch(2nd)も少し重く感じることがあった。
それを受けてか、早くもiOS4.1の無料ダウンロードサービスが開始された。事前にいろいろサイトを調べたところ、iOS4.0と4.1との動作比較があり、ブラウジングなど動作は4.1の方が早そうだ。早速アップデート。

動作は軽くなった気がするが、ここで別の心配発生!
iOS4.1にアップデートして、バッテリーの減りが明らかに早くなった。
4.0では使用していなければバッテリーの減りが気になることはなかったのだが、4.1では1日半ほとんどスリープ状態にしておいただけでも40%も減少してしまうことがあった(=App「My Battery」による)。
ワシの場合、最近あまり持ち歩かずウチで使用していることが多いので不便には感じないが、携帯場面が多い人にはかなり気になるのではないか? バッテリーのもちは、携帯機器にとって最も重要なファクターのひとつ。
こりゃiOS4.2が出る日も近いかも・・・。
関連記事

逆転のエレファンツ

プロ野球、セリーグもパリーグも上位混戦で熱い戦いが行われているが、独立リーグ・BCリーグ(北陸地区)の首位攻防も熱い!
昨日、福井ミラクルエレファンツ vs 石川ミリオンスターズの同率首位の直接対決があったのだが、序盤0-2とリードされたものの(ワシはこの時点からスタンド観戦)、6回に追いつき、さらには8回裏には勝ち越し!


今日も石川に逆転勝利し、2位に2ゲーム差をつけての首位

20100912juni.jpg

昨年までは最下位指定席という感じだったが、今年はひと味違う。守りは堅く、先制されても粘り強く戦っている。
この調子で、ぜひ下期優勝してほしいものだ。

昨日は、結構な観客数に思えたが、925人。。。群馬戦は結構入っているようだけど、人口の差なのだろうか・・・??
関連記事

ニューポロ試乗

エクステリアと1.2リッターターボ+7速DSGに興味をもっていたフォルクスワーゲンの新型ポロに昨日試乗してきた。試乗したのは「TSI ハイライン」(=ベースグレード「TSI コンフォートライン」の装備拡充版)。

◆外観
・見た目の外観は、写真のイメージと変わらず、良い感じ。
◆搭乗
・乗り込んでの第一印象は、フロントウィンドウが近く感じ、運転席から見た車内空間が少し狭く感じた(ミニの立ち気味のフロントウィンドウに感覚が慣れすぎて、他の車に乗ってもそう感じてしまうようだ)。
・運転席調整は、シートだけでなく、ステアリングの上下+前後もあって、不満ないポジション調整が出来そう。特にステアリングの前後(奥‐手前)調整まで出来ることに驚いた。
・インパネはブラック一色で派手さはないが、質感は悪くない。
・ハイライン標準装備のスポーツシートのホールド性は良かったが、普段乗りではノーマルシートで十分という気がした。
・ハイラインでは、アームレストが標準で装備されているが、レザーではないので安っぽい印象。同じくハイライン標準装備の本革ステアリング、質感がイマイチのような気がする。
・後部座席はあまりスペースがない。ポロはミニより全長が20cm程度長いが、後部座席スペースよりラゲッジスペースの広さ等に使われている模様。
◆運転(試乗は完全冷静ではないし、短時間・街乗りのみなので、今回の感覚正しいとは思えないが、備忘録のためメモ)
・エアコン有り・60km/hで回転数1200~1300rpm。ウチのミニ(CVT)だと2000rpm近いので、低回転数に驚き。静粛性も高いと思う。
・1.2リッターターボ+7速DSGといっても、特にNA・オートマのイメージと変わらずに乗れた。(街乗り以外で乗れば違う印象になるかもしれない)
・「低速時にDSG特有のギクシャクがある」といったネット評価があったが、特に気になるところはなかった。(営業曰く、初期型ではそういったこともあったが、今は処置済みとのこと。)
・営業は停止時からの出だしの悪さ(遅さ)を気にしていたが、「言われてみれば多少は気になるかな・・・」程度。
・TSIエンジン+7速DSGで燃費が良いと言われているが、試乗車の(生涯燃費と思われる)燃費計は12km/L程度を示していた。燃費を良くするにはエコランを意識する必要がありそうだ。
・ステアフィールは少し軽い気もするが、街乗りならこの程度が良いかも。センターはしっかり出てるので直進性には優れていそう。
◆見積り
試乗してなかなかよかったので、ベースグレード「TSI コンフォートライン」に最低限のオプションを付けて見積りしてもらった。エコカー減税とエコカー補助金に相当するVW独自の10万円サポートがあるので、かなり出費を抑えられると思っていたが、意外と高い。(久しぶりに車の見積りとったが、こんなに高かったっけ? ^^;)
あまり下がらなそうな感じだったので、「決めるとしたら、来週がリミットかな・・・」と言い残して帰ってきた。 続きを読む
関連記事

エコカー補助金終了

エコカー補助金の申請受付が終了…7日は92億円【carview】

予算枠が無くなり次第終了といわれていたが、9月末まで続くと見られていた予算枠が予想より早くなくなってしまったようだ。
買い換えも視野に車でも見に行こうか・・・と思っていたワシとしては、出鼻を挫かれてしまった。が、メーカによっては、9月末までに契約すれば、エコカー補助金が早期終了したとしても10万円サポートするサービスもあるようなので、その辺りはチェックしておきたい。
関連記事

結い2101運用報告書

鎌倉投信「結い2101」の第1期運用報告書が届いた。
4ヶ月決算、小型株への投資ということで、株式組み入れ率31%、12銘柄と、まだ設定途中という感じだ。また、この投信の特徴でもある未上場企業への投資もこれからの模様。

まだパフォーマンスをうんぬん言う時期ではない。当初のテーマにそって投資を進めているようだし、今後もそのまま継続して運用を進めてほしいものだ。
関連記事

+2年

あ~あ、明日休暇をとって3連休の予定が、一転3連続出勤になってしまった。心身共にダメージ大だ・・・。

さて、
出向元から来年度の処遇についてどうするか(戻るか?残るか?)の打診があった。どうやら出向先(今の職場)から2年延長の依頼があったらしい。

ワシとしては、今の生活、仕事環境に大きな不満はない。「延長OK」の方向で検討している。 続きを読む
関連記事

iPod、フルモデルチェンジ

9/1、アップルiPodがフルモデルチェンジした。

今度のiPodファミリー、何が変わった?【ITmedia】
20100903_ipod.jpg

iPod touchは、性能アップ、カメラ搭載などiPhone4の通話無しバージョンといえるスペックになったようだ。
iPod shuffleは、デザインが先々代に逆戻り。ただ、個人的にはこのデザイン、操作ボタン配置が良いと思う。
で、
もっとも大きな変更(良く言えばチャレンジング、悪く言えばnanoの名を借りた別物)があったのがiPod nano。iPod躍進の原動力ともなったクリックホイールを捨てて、マルチタッチ操作対応になった。
先代より小型化して背面にクリップを備えていることから、どちらかというとshuffleの機能UP版の印象が強いように思う。それにしても、1.54型の小型ディスプレイでマルチタッチをどこまで使えるのか不明。このnanoは次世代では元のコンセプトに戻るような気がした。
今回のフルモデルチェンジで、クリックホイールが消えるのは寂しいなぁ。
関連記事

MINIクロスオーバー、おもしろCM

楽しそう・・・。
こんなん見てると買いたくなるなぁ ^^;




◆関連記事
2010-08-12:MINIクロスオーバーの試乗レポートを読む
関連記事