FC2ブログ
投資信託・ETF > 環境ETFというより製造業ETFのような・・・

環境ETFというより製造業ETFのような・・・

環境関連事業を手掛ける代表的な日本企業を投資対象とするETF(上場投資信託)「上場インデックスファンド FTSE日本グリーンチップ35」が4月28日に東証に上場するらしい。

日興アセットマネジメントが日本初の環境ETFを4月28日に東証に上場【モーニングスター】
【投信スタート2】上場インデックスファンドFTSE日本グリーンチップ35【ETFクルーク】

FTSE日本グリーンチップ35指数に連動するETFとのこと。信託報酬は0.42%。

FTSE日本グリーンチップ35指数というのは、環境関連事業分野(温室効果ガス削減、水資源問題、廃棄物処理、資源再利用など)毎に、ユニバースの銘柄を整理し、当該環境関連事業分野毎に、事業規模などで代表的な35銘柄を対象に算出されるもの。

環境関連事業の代表的な企業に投資するというと聞こえは良いが、主な構成銘柄(2009年2月末現在)を見ると、
  本田技研工業:13.5%
  パナソニック:11.2%
  トヨタ自動車:11.2%
  ソニー:8.8%
  京セラ:5.9%
  三菱重工:5.0%
  シャープ:3.4%
  三菱電機:3.4%
  日立製作所:3.3%
  東芝:3.1%
と、超有名総合メーカ10社で約7割を占めており、環境ETFというより製造業ETFという感じ総合メーカがメインで環境事業特化型メーカの寄与が少ないので、パフォーマンス(リターン)としてはTOPIXあたりと大して変わらないかも・・・。あとは投資精神(?)、気分の問題かな・・・。
個人的には投資しないだろう。(個別銘柄ではなかなか手が出しにくい環境事業特化型メーカ、中小型銘柄で組成したETFなら話は別なのだが・・・。)

それと、環境ETFもいいけど、どこか早く、先進国株式ETFを上場させないかなぁ~。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。 インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 時々、思うことがあります。 日本の三大証券会社の顧客のことです...