FC2ブログ
投資信託・ETF > 金投資の代替案

金投資の代替案

昨年のリーマンショック以降、どのアセットも暴落している中、比較的堅調なのが「(Gold)」。リーマンショック直後はさすがに値を下げているが、2009年2月には1年前の高値に迫っている。分散投資先としては魅力的に映るが、金投資はボラティリティが高いことや本源的価値が増加しないことから、とりあえずワシは投資を見送っている。
そんな中、インフレ連動債ETFを活用した金投資の代替案が紹介されていた。

ETFを利用した「金」投資の代替案 【ETFクルーク】

◆金投資の問題点
主要な株価指数と比較してボラティリティが高いことや、本源的価値が増加しない。
◆代替投資案
複数通貨の保有とインフレ連動債への投資。保有する通貨を分散させることで通貨価値の下落やデフォルトリスクを緩和させることができる。また、インフレ連動債への投資から、インフレリスクのヘッジを可能にする。

記事では、具体的には、
iShares Barclays TIPS Bond Fund (TIP)(米国インフレ連動国債に投資するETF)と
SPDR DB International Government Inflation-Protected Bond ETF(WIP)(米国を除く先進国と新興国のインフレ連動国債に投資するETF)
半分ずつすることで、インフレ発生時には連動債の元本も上昇するため、資産価値の減少をヘッジすることが可能となる。また、デフレ発生時においても、債券の額面金額は担保される

としている。

ちょうど債券ETFを調べたところだったので、興味深い記事だと思った。が、日本の証券会社ではWIPに投資できないのが残念。あとは、為替変動をどう見るかが難しいところ。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する