FC2ブログ
ガジェット・IT・PC > 電子ブックリーダー

電子ブックリーダー

電子ブックリーダー「Kindle DX」を発表【ヤフーニュース】

米Amazonは5月6日、新電子ブックリーダー「Amazon Kindle DX」を発表した。価格は489ドルでこの夏発売の予定。Amazonのサイトで予約受付を開始した。

 最大の特徴はその画面サイズで、従来機種のKindle 2の6インチより約2.5倍の9.7インチ。解像度は1200×824ピクセル(Kindle 2は600×800ピクセル)。サイズは264.2×182.9×9.65ミリと、厚さはKindle 2とほとんど変わらない。メモリ容量は3.3Gバイトで、3500冊以上の書籍を保存できるとしている。また加速度センサーによる画面回転機能が付き、PDFファイルに対応した。


日本では発売されていない「Kindle(キンドル)」。アメリカでは売れ行き好調だとか・・・。日本でも松下やソニーが専用端末を使った電子書籍事業を行っていたようだが、事実上の撤退という状況で、Kindleとは好対照だ。結局のところ、安価で魅力的なコンテンツが提供できるか否かに懸かっているのだろう。

本を読むなら(電子書籍端末より)紙の方が・・・とは思うが、とにかく本は置き場所に困るので、もっと電子書籍が普及してくれればと思っている。その尖兵としてiPhone/iPod touchに期待しているのだが・・・。すでに青空文庫、一部漫画・新聞・雑誌が出ているが、画面が小さくちょっと読みにくいと感じることもある。この辺は工夫が必要かな?!
関連記事

管理者にだけ表示を許可する