FC2ブログ
株式投資・経済等 > ローコスト運用への誘惑

ローコスト運用への誘惑

株式アセットをローコストで長期運用するなら、
投資信託」より信託報酬が低い「ETF」、
さらに、「ETF」より売買手数料以外にコストが掛からない「個別銘柄」となる。
一方、個別銘柄では(投資資金にもよるが)適度な分散が難しく、外国銘柄ともなれば情報収集もままならない。どこまでリスクを取れるか?の兼ね合いになる。

ワシとしては、世界分散投資は個別銘柄で組成するのが難しいので、ETF(投信経由)メインで運用するとして・・・、
外国株式アセットの一部として現在保有しているクローバルセクターETF(KXI)の部分については、KXIの保有上位銘柄などを参考に個別銘柄で運用するのも面白いと思う。KXIの管理報酬等 0.48%/年と分散効果(保有銘柄数 約90)を比べて高いと見るかどうか?ではあるが、既に米国株式2銘柄保有しているわけで、ローコストへの誘惑に負けそうな気がする ^^;
GM、ついに連邦破産法11条を申請か~。
実質国有化し、スピード再建を実現する方針らしいが、うまくいくんかぁ?!
関連記事

管理者にだけ表示を許可する