FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2009年7月)

MOファンド月報(2009年7月)

先月比:+5.8%(2009.7.31現在)
設定来:-10.5%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンドを主に活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入ETF・投信
・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
・TOPIX連動型上場投資信託【1306】
・NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信【1343】
・バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF【VTI】
・バンガード・ヨーロピアン ETF【VGK】

・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・iシェアーズ MSCIエマージング・マーケッツ・インデックス・ファンド【EEM】
・STAM 新興国株式インデックス・オープン
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
(セゾン資産形成の達人ファンド、ひふみ投信、コモンズ30ファンド)
投資比率(日本株式、米国株式の個別銘柄含む):
  日本株式 43%、日本債券 0%、J-REIT 3%
  外国株式 41%、外国債券 7%、バランスF等 6%
============================
今月の株式市況は、
先月から継続して、景気悪化のスピード鈍化、底打ちから回復への期待により、上昇傾向を示した。NYダウは9000ドル台を回復、日経平均も10000円台を回復した。
為替は、先月下旬とほぼ変わらず1ドル95円を挟む展開となった。
本ファンドは、
株式市場の上昇及び為替相場の安定を受けて、損益率は3ヶ月連続でプラス。アセット別では、外国株式アセットのプラス(+10%程度)がファンド全体を牽引した。年初からの損益率は+19%となった。設定来は-10.5%となり、やっとリーマンショック前の水準まで戻った。
組入投信の投資においては、
外国株式(先進国&新興国)、外国債券の各インデックス投信、及びセゾン・バンガードGBFに定期積立を実施した。また、J-REIT ETF【1343】及び日本株式個別銘柄にスポット投資を実施した。
来月は、
引き続き、インデックス投信に定期積立を実施していく予定。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する