FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2010年4月)

MOファンド月報(2010年4月)

先月比: - 
設定来:-5.5%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入ETF・投信
・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
・コモンズ30ファンド
・結い2101
・eMAXIS 国内リートインデックス
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 (セゾン資産形成の達人ファンド,ひふみ投信,
  上場MSCIコクサイ株【1680】,上場MSCIエマージング株【1681】)
投資比率
  日本株式 6%、日本債券 1%、J-REIT 1%
  外国株式 72%、外国債券 20%
============================
4月は、ギリシャの財政不安、アイスランド火山による航空交通の乱れなど主にヨーロッパ経済の懸念がクローズアップされたように思う。株式市場もそれに大きく反応した。
一方、為替は1ドル94円程度まで円安傾向が進んだ(先月末 1ドル92円)。
本ファンドは、為替の影響からか、若干のプラスとなった。
投資については、千円積立で投資先を細分化した。また、J-REIT ETFは、分配回数が少なく、信託報酬が比較的低廉なeMAXIS 国内リートインデックスに乗り換えた。
日本株式アセットは直販の2投信(コモンズ30ファンド、結い2101)に定期積立を申し込んだ(5月から積立予定)
なお、個別株式は別管理しているので、ファンドの計上から除外した。
5月は、各投信に定期積立の予定だが、アセットアロケーションを見直しが不完全のため見直し予定。(今月の投資比率から、日本株式とJ-REITはプラスし、外国債券はマイナスする予定)

◆関連記事
2010-03-24:eMAXISはじめました
2010-04-18:多分配型ETFからローコスト投信へ
関連記事

管理者にだけ表示を許可する