FC2ブログ
BMW MINI > New MINIにもエコカー減税

New MINIにもエコカー減税

最近は外国車でもエコカー減税に適合する車が出てきたが、New MINIでも(まさかの (失礼))エコカー減税適合のニュース! かなり驚いた。

ミニもついにエコカー減税に適合【carview】

 ビー・エム・ダブリューは、『MINI(以下ミニ)』ブランドで販売される主要車種のうち、2010年3月生産以降の車両が、エコカー減税の対象となることを発表した。

 2010年3月以降の車両は、エンジンの改良により高い効率性とパフォーマンスを実現。さらにブレーキ・エネルギー回生システムを全車に、エンジン・スタートストップ機能をマニュアル・トランスミッション車に採用することで、最大で約33%もの燃費改善と、9psものエンジン出力アップを実現した。

 ラインアップごとの改良を整理すると、ベーシックな『ワン』では、エンジンを1.4リッターから1.6リッターに変更することにより、3psの出力向上と約19%の燃費改善を達成。最も販売台数の多い『クーパー』では、オイルポンプのマッピング変更やエンジンフリクションの低下などにより、約2.3%の出力向上と、ハッチバックで約19%、コンバーチブルで約10%、クラブマンで約14%の燃費改善を実現した。

 また、最もスポーティな『クーパーS』もエンジンを大改良。従来のツインスクロール・ターボチャージャー付直噴エンジンに、新たにBMWのバルブトロニック技術を使った可変バルブタイミングを採用し、9psのエンジン出力向上と、ハッチバックで約33%、コンバーチブルで約25%、クラブマンで約28%の燃費効率の改善を実現している。

 これらの改良により、多くのラインアップがエコカー減税および自動車グリーン税制の対象車に認定。最も減税率・減税項目の多い『クーパーS クラブマン』のMT車では、最大で25万円の新車購入補助金と合わせ、最大で41万5800円ものメリットを享受できるようになった。
(後略)


エンジンの改良、及びブレーキ・エネルギー回生システムを全車に、エンジン・スタートストップ機能をMT車に採用することで、燃費効率の改善を実現したそうで、AT車はクーパーSを除いてエコカー補助金のみだが、MT車ではそれに加えて自動車取得税などの減税対象にもなっている。

今回のニュース、MT車あるいはクーパーS狙いの人には、特にインパクトが大きいと思う。


◆関連HP
MINIエコカー減税デビュー【MINI.jp】
関連記事

管理者にだけ表示を許可する