FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2010年9月)

MOファンド月報(2010年9月)

先月比:+6.9%(2010.9.30現在)
設定来:-10.6%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入ETF・投信
・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
・コモンズ30ファンド
・ひふみ投信
・結い2101
・DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
・eMAXIS 国内リートインデックス
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 (セゾン資産形成の達人ファンド,上場MSCIコクサイ株【1680】)
投資比率
  日本株式 9%、日本債券 13%、J-REIT 3%
  外国株式 65%、外国債券 10%
============================
先月は、15年ぶりに1ドル83円台をつけるなど円高、円高の1ヶ月だったが、今月は日本政府の6年半ぶり為替介入があり、今月も為替の話題が多かったように思う。為替介入で一時円安に振れるなど、日本株式市場も多少は先高感が出てきたようで、8月末の日経平均9000円割れから9400円程度まで回復した。また、NY株式市場など外国株式市場はより堅調だった。
本ファンドは、全てのアセットでプラスだったが、特に外国株式アセット(約+6%)が好調だった。(本ファンド全体で+7%となっているが、新規に組み入れた日本債券アセットで約2%かさ上げされている。)
ETF・投信への投資については、国内株式、J-REIT、外国(先進国・新興国)株式、外国債券、セゾンGBFへの定期積立を実施した。
新規組み入れとして、日本株式アセットに「ひふみ投信」(→定期積立申し込み中)、日本債券アセットに「DLIBJ 公社債オープン(中期コース)」(→スポット投資で対応)に投資。「ひふみ投信」は、私の個別株投資のチェック銘柄、投資銘柄と重複しているものも多く、個別株投資枠を少し減らして、当該投信に定期積立することにした。
一方、外国債券アセットはその投資比率を大きく下げるため、「STAM グローバル債券インデックス・オープン」は来月に全売却予定。
今年もあと3ヶ月となった(あっという間の今年9ヶ月だった)。10月も相変わらず不安定な株式市場、為替相場が続きそうだが、引き続き定期積立を継続していく予定。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する