FC2ブログ
投資信託・ETF > 外貨比率

外貨比率

現在ワシの投信・ETF投資における
円資産と外貨資産の比率は、32%:68%(図1)
しかし、これに個別銘柄と投資用口座のキャッシュを加えた
(つまり投資資金全体)における比率は、数値が逆転して68%:32%(図2)
ついでに、
生活資金も含めた全資産における比率は、83%:17%(図3)

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

   ▲図1 円資産と外貨資産の比率【投信・ETFのみ】

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

   ▲図2 円資産と外貨資産の比率【投資資金全体(=投信・ETF+個別銘柄+キャッシュ)】

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

   ▲図3 円資産と外貨資産の比率【全資産(=生活資金+投資資金)】

投資資金(リスク資産)については、現状の長期投資の目標である
円資産:外貨資産=3:7
をひとつの目標にしていきたいと思っていたので、
全体を見渡すと円資産が多いことが意外であった。

今後、個別銘柄(全て日本株式)は縮小の方向で、
投資用口座のキャッシュは定期積立投資を継続していけば、
外貨資産の比率は徐々に増えていくはずなので、焦らず目標比率に近づけていきたい。


◆関連Blog
2006/02/18:マイアセットアロケーションを肴に語る(その5) どう自分を納得させているか【梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)】
関連記事

管理者にだけ表示を許可する