FC2ブログ
投資信託・ETF > 決定!投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011

決定!投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011

公式サイトでの正式発表はまだだが、

各投信Blogの情報によると、
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011が決定したようだ。

順位は以下のとおり。

Fund of the Year2011
 CMAM外国株式インデックスe
(中央三井アセットマネジメント)


2位 結い2101(鎌倉投信)
3位 eMAXIS新興国株式インデックス(三菱UFJ投信)
4位 ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)
5位 ニッセイ日経225インデックス(ニッセイアセットマネジメント)
6位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)(バンガード)
7位 バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF (VWO)(バンガード)
8位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信)
9位 STAMグローバル株式インデックス(住信アセットマネジメント)
10位 eMAXIS全世界株式インデックス(三菱UFJ投信)


1位のCMAM外国株式インデックスe
は、後発ながら、外国株式インデックス投信の中で、コストで頭ひとつ飛び出ている(ノーロードはもちろん、信託報酬0.525%(税込)で他より0.1%程度低い)。
世界株式市場が不安定で大きなリターンが得られない状況の中、今回特にコストの低減という観点で評価を得たものと思われる。

2位の結い2101
は、ワシも投票したのだが、前年の10位から大躍進。アクティブ投信及び直販投信でトップとなった。
低迷する日本株式市場の中で、投資方針にブレがないこと、またTOPIXに比べてリターンが良かったことも評価されたものと思われる。

3位のeMAXIS新興国株式インデックス
は、CMAM外国株式インデックスeと同じく、新興国株式インデックス投信の中でもローコストであることが評価されたものと思われる。

10位まで見ると、
ローコスト、あるいは、投資方針に共感
といったキーワードが見えてくる。
世界株式市場が不安定で大きなリターンが得られない状況の中、上記キーワードが評価を得たのではないかと思われる。
ちなみに、ワシの投票先は以下のとおり。現在投資している4ファンドに投票した。
(うち、3ファンドが10位までにランクイン)

【2点】STAM グローバル株式インデックス・オープン
→現在(私が)外国株式アセットへの投資比率を高くしているが、本投信はノーロード、低信託報酬なので、定期積立あるいは長期保有するのに最適な投信のひとつだと思う。

【1点】バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
→本ETF1本で全世界株式に投資できる上、低信託報酬。安心して長期保有できるETFだと思う。

【1点】結い2101
→アクティブ投信で信託報酬は若干高いが、「”いい会社”に投資しよう」という鎌倉投信の方針に賛同して定期積立を実施している。投資方針にブレがなく、パフォーマンスも比較的安定していて、安心して保有していけそうな投信。

【1点】iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックス ファンド【KXI】
→アクティブETFで信託報酬は若干高いが、生活必需品セクターということで株式市場全体が下降マインド時にも下落抵抗力があり、パフォーマンスに満足している。
ETF保有上位にP&G、コカコーラ、ウォルマートなどがあり、バフェット銘柄の息吹を感じられるのも気に入っている。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する