FC2ブログ
ガジェット・IT・PC > 低速度・低価格モバイル通信

低速度・低価格モバイル通信

最近ちょくちょく耳にする「パケット定額制廃止(そして従量制へ)」のうわさ。スマートフォン普及によるデータ量の激増がその原因と言われている。(アメリカなどでは既に従量制に移行しているキャリアもあるとか。)

ワシが現在使用しているBlackBerryでは、通話・メール主体に使用しており、それだけならそれほどの料金にならないが、メール以外にネットを使用すると、(ツイッターをちょこちょこ使っているだけでも)とたんにパケホーダイ上限まで行ってしまう。

種々の心配を考えると、通信費低減対策は急務だ。
そこで、注目したのが、半年前に発売された「イオン専用b-mobile SIMカード」。
送受信の通信速度が最大100kbpsの「プラン・A」なら、月額980円でデータ通信が使える格安のSIMカード。契約に2年縛りもなく、分かりやすい料金体系も好感。


運用方法としては、
例えば、
BlackBerryメインはそのままに、
モバイルルータ・BUFFALO/Portable Wi-Fi DWR-PGにイオンsimを使えば、
手持ちのiPad2(Wi-Fiモデル)が外で通信可能になるし、現在使用している音楽プレーヤ(iPod nano)をiPod touchに買い換えれば、通勤時に気軽に使うことも可能。
他にも、ドコモのAndroidスマホならそのままイオンsimが挿せるし・・・など、考えてみるとなかなか面白そうだ。

BlackBerry Bold 9900の発売時期もウォッチしつつ、
端末選択も合わせて、検討していくことにしよう。
20120212bbb9900.jpg
 ▲BlackBerry Bold 9900の発売日はいつになるのだろうか?
  秋の発表では2~3月ということだったが・・・

イオンsim導入の最大の障害は、福井県にイオンが無いことか^^;
最も近い所で滋賀県(琵琶湖の南側)で約100km離れているので・・・。
PS.
低速度・低価格モバイル通信といえば、
最近の人気ぶりに、本家ドコモの参入を促したとか。。。

新たなデータ通信専用定額プランを提供開始
-キャンペーン適用で月額1,380円で3G通信(受信時最大128kbps)がご利用可能-
関連記事

管理者にだけ表示を許可する