FC2ブログ
投資信託・ETF > リスクコントロールETF

リスクコントロールETF

ロンドンオリンピックの開会式より前に
サッカー競技が開始されているのを忘れていた。
お蔭で、なでしこジャパンの初戦を見逃してしまった。
もっとも、(サッカーに限らないが、)
時差の関係で生放送で全部観戦するのは大変そうだ。

さて、
相変わらず弱含みの日本株式市場。
あまり株価チェックもしていない ^^;

そんな中、
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
で、面白そうなBlog記事を見かけた。
「MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信」上場と一般投資家のリスク・バジェッティング

簡単に表現すると、
リスクコントロールETFとは、
ETFの中で、一定の基準に従い、
そのポートフォリオにおける現金の保有比率を適宜調節して、
収益のブレ(ボラティリティ)を低く抑えてくれるETF。


リスクコントロール指標【東証】

資産運用のボラティリティを抑えるために、世界分散、資産分散しているが、
(最近の日本株式市場の下落を見るにつれ、)
「日本株式アセット自身のボラティリティも
 もう少し抑えることを考えた方がいいかもしれない。」と思う。

現在、
MAXISトピックスリスクコントロール(5%) 【1567】が上場済だが、
8月には、MAXISトピックスリスクコントロール(10%)上場投信も上場するとのこと。
ちょっと注目していきたいと思う。

【1567】は、乖離率は非常に低く抑えられているようだが、
出来高が無いに等しいのが懸案か?!
関連記事

管理者にだけ表示を許可する