FC2ブログ
自動車全般 > フォルクスワーゲンの2枚看板

フォルクスワーゲンの2枚看板

自動車メーカの看板といえば「車種名」がまず思い出されると思うが、フォルクスワーゲンでは「技術」が看板になってきたように思う。 TSI(Turbo Suparcharger Injection;ツインチャージャーエンジン(一部のターボチャージャーエンジンを含む)) と DSG(デュアルクラッチ形式のオートマチックトランスミッション;2ペダルMT) がそれで、 この2枚看板技術を既存の車種に積極的に移植しはじめているようだ。 ◎関連ニュース ・VGJ、ゴルフに新エンジン搭載の「TSIコンフォートライン」を設定【2008/1/24 carview】 ・VW、7速DSGをゴルフなどに搭載し発売【2008/2/7 carview】 ・フォルクスワーゲン・ゴルフ TSI DSG(FF-2ペダル7MT)【海外試乗記】【webCG】 20080210_tsi.jpg  ▲TSIエンジン 20080210_7dsg.jpg  ▲新型7段DSG いずれの技術も低燃費、高効率に貢献している。環境配慮という点では、ハイブリッドとか電気とかバイオディーゼルとかの方が優れているが、 既存の車種に対して、環境に配慮しつつ、従来の乗り味を残して魅力的な車にしている点(って、ワシは運転したことないけど・・・^^; )で、同社の方向性を評価したいと思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する