FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2012年10月)

MOファンド月報(2012年10月)

先月比:+1.6%(2012.11.1現在)
年初来:+7.6%
設定来:-0.4%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
 ・上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)【1698】
 ・結い2101
 ・個人向け国債(変動10年)
 ・DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
 ・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
 ・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
 ・SMT グローバル株式インデックス・オープン
 ・SMT 新興国株式インデックス・オープン
 ・朝日Nvest グローバルボンドオープン(Avest-B)
 ・野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  (応援:セゾン資産形成の達人ファンド,コモンズ30ファンド,ひふみ投信)
投資比率
  日本株式 16%,日本債券 24%
  外国株式 54%,外国債券 6%
============================
今月は、
アメリカの大統領選、中国の景気減速などの話題があったが、株式市場に大きなインパクトはなかったように思う。
NYダウ平均は先月よりは下落したが、13000ドル台をキープ。日経平均は8500円台まで下落する場面もあったが、月末は9000円台近くまで回復した。最近半年は9000円前後のボックス圏に入ってしまってるようだ。
為替は、1ドル78円台から80円台まで円安が進んだ。
本ファンドは、
外国株式アセットがプラスで推移したことから、全体でも若干のプラスとなった。(他のアセットはほとんど変わらず)
投資については、
外国株式(先進国、新興国)、外国債券(新興国・ヘッジ有)のインデックス投信、及び直販投信(結い2101、セゾンGBF)、並びにアクティブ債券投信(日本債券、ヘッジ有外国債券)への定期積立を実施した。
来月は、
引き続き定期積立を継続していく予定。
予定していた、上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)【1698】の売却、外国債券へのスポット投資は実施せず。あまり期限をつけずに、どこかで実施するくらいで気長にタイミングを待ちたいと思う。

SBI証券で(やっとというべきか)投信積み立て用資金の銀行自動引き落としが開始されることになった。
場合によっては、SBI証券に移行して一括管理することも検討していく。
注)数か月前から「結い2101」の正確な保有口数がわからなくなった。
 通知(郵便)が、毎月から3か月毎に変更があったらしい。
 とりあえず、パフォーマンスは先月同様として処理した。
 「結い2101」への投資額は全体の5%弱なので、
 パフォーマンスへの大きな影響はないと思われる。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する