FC2ブログ
投資信託・ETF > 直販投信のネット証券取り扱いの流れ

直販投信のネット証券取り扱いの流れ

最近、直販投信がネット証券で取り扱われる流れにあるようだ。
ワシは、直販投信は、セゾン、鎌倉、レオス、コモンズに
それぞれ口座を開設しているが、確認している限りでは次のとおり。

 ・ひふみプラス(ひふみ投信):SBI証券、カブドットコム証券
 ・コモンズ30ファンド:楽天証券


取り扱い先が増えれば、さらに純資産総額が増える可能性があり、歓迎だ。
しかも、口座を持っているネット証券会社で取り扱われれば、
増えた直販投信口座を整理することも可能だ。
(デメリットとしては、
 投信主催の説明会などに参加できない、など・・・)

ワシとしては、可能なものはネット証券経由で投資して、
口座はなるべく整理しようかと考えている。

具体的には、「ひふみ投信」→「ひふみプラス」

ついでに(楽天証券の口座は持ってないので)、
「コモンズ30ファンド」→「セゾン資産形成の達人ファンド」を介して間接投資
関連記事

管理者にだけ表示を許可する