FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2013年4月)

MOファンド月報(2013年4月)

先月比:+6.1%(2013.4.26現在)
年初来:+23.2%
設定来:+29.6%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
 ・SMT TOPIXインデックス・オープン
 ・結い2101
 ・ひふみプラス
 ・個人向け国債(変動10年)
 ・SMT 国内債券インデックスオープン
 ・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF【VT】
 ・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】
 ・eMAXIS 全世界株式インデックス
 ・セゾン資産形成の達人ファンド
 ・朝日Nvest グローバルボンドオープン(Avest-B)
 ・野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資比率
  日本株式 11%,日本債券 22%
  外国株式 55%,外国債券 12%
============================
今月の市況は、
4月4日の日銀金融政策決定会合において「次元の異なる量的・質的金融緩和政策」の導入が決定され、景気回復期待から株価高、金融緩和政策から為替は円安が急速に進んだ。
この1ヶ月で、日経平均は、12,400円から13,884円。
為替は、1ドル94円台から98円台まで円安が進み、一時期は100円台に達する勢いだった。
本ファンドは、
続伸。国内外の株式アセットが継続して続伸し、ファンド全体のパフォーマンスに大きく寄与した。外国アセットは円安の影響も大きいと思われる。
投資については、
インデックス投信(日本株式、日本債券、外国株式(先進+新興)、外国債券(新興国ヘッジあり))、直販投信(結い2101、ひふみプラス、セゾン達人ファンド、セゾンGBF)、及びアクティブ外国債券投信(先進国ヘッジあり)への定期積立を実施した。
来月は、
引き続き定期積立を継続していく予定。

気になる投信も出てきたが、
日本版ISAとセットで検討することとし、すぐに乗り換え等は実施しない予定。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する