投資信託・ETF > コスト度外視でワンコイン定期積立してみることにした

コスト度外視でワンコイン定期積立してみることにした

日本の投資信託の投資環境は24ヶ国中21位!という、
投資信託の後進国ぶりを改めて認識した。

参考Blog
高配当ETFで戦略的インデックス投資日記
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

その一方で、
ワンコイン(500円)から定期積立ができるというのは、
外国にはないサービスではなかろうか?


このワンコイン定期積立を使って、
少し無駄遣い贅沢して、
コストが高くてメインにはできないが、
ちょっと投資してみたい投信に定期積立してみることにした。

名付けて、「コスト度外視ワンコイン定期積立」・・・^^;

・朝日Nvest グローバルバリュー株オープン 「Avest-E」
 日本を除く世界各国の株式を主要投資対象。フリーキャッシュフロー、利益成長の潜在能力、業界における競争力、経営者の経営方針等から独自に評価した企業価値に対し割安な銘柄を発掘し、厳選投資。
購入手数料:ノーロード
信託報酬 :名目1.89%(実質2.00%

・ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)
 主に、世界のプレミアム・ブランド企業の株式に投資。個別銘柄のファンダメンタルズ分析により成長力のあるプレミアム・ブランド企業の株式に投資することで信託財産の成長を目指す。
購入手数料:2.1%
信託報酬 :名目1.58%(実質1.76%


・ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド
 主要投資対象は、アジアのフロンティア諸国の取引所に上場する株式。
(現状投資先:バングラディシュ22%,ベトナム18%,スリランカ18%,中国17%,モンゴル12%,他)
購入手数料:ノーロード
信託報酬 :名目1.41%(実質2.04%

・JPM中東アフリカ株式ファンド
 主要投資対象は、中東・アフリカ諸国の株式等。毎年12月に、外国ファンド証券の基本組入比率を定め、毎月初旬に、基本組入比率から概ね±15%の範囲で、当月の投資割合を決定する。
(現状投資先:南ア25%,トルコ25%,ナイジェリア12%,カタール7%,UAE6%,他)
購入手数料:ノーロード
信託報酬 :名目1.90%(実質1.96%+アフリカファンドの成功報酬


バリュー、フロンティアマーケットの投信を選定。
一応、長期間積み立てる予定で、目標は最終的にプラスであれば・・・。
後日、インデックス投信などとも比較できればと思う。

2013/7/14:
「ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド」を削除。
本編と位置づけが異なるが、長期で少額積み立てしたらどうなるのか興味がある「ひふみプラス」を追加。(「ひふみプラス」は、MOファンドから削除)

・ひふみプラス
 主要投資対象は、国内外の上場株式。市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に分散投資する。信託財産の総額の50%までを株式以外への資産で保有できる仕組みになっており、株式の組入比率を柔軟に変化させて運用する。(現状投資先:日本国内のみ)
購入手数料:ノーロード
信託報酬 :名目1.029%(実質1.34%


2013/8/4:
これまた、本編とは異なるが、MOファンドでは取扱う予定がないREITアセットについて、新規参入した「EXE-i」から実験的に選択。

・EXE-i グローバルREITファンド
 ファンドオブファンズ方式で運用。主としてETFへの投資を通じ、世界(日本を含む)のREITへ実質的に投資する。基本投資割合は、米国のREIT50%、米国以外のREIT50%とする。
購入手数料:ノーロード
信託報酬 :名目0.5315%(実質 ???? %)

関連記事

管理者にだけ表示を許可する