投資信託・ETF > 確定拠出年金のリバランスとこれまでの勘違い

確定拠出年金のリバランスとこれまでの勘違い

日経平均は15,000円超え。
ネットニュースでは、「日経平均株価、2万円突破の可能性と時期は?」
なんて話題が出てきて、
個人的にはボチボチ赤信号って感じ。
ま、現在、大きく株価が下がる理由もないので、
小調整しながら、結構このまま良い感じでいくのかもしれない。


さて、
これまで、何回か確定拠出年金のネタをアップしているが、
間違えを発見

これまで「設定来のパフォーマンス」として記載していた数値は、
「運用利回り(1年あたりのパフォーマンス)」の数値だった。


具体的には、
確定拠出年金チェック(2013年1月)
に記載した「設定来+4%」は、
「運用利回り+4%/年」(=設定来にすると約+14%)が正
だった。
結構良い数値だった ^^;

本日確認すると、
設定来:約+33%(運用利回り+8%/年)
(直近1年で約+47%)

さらに株式アセットが良くなっていたので、
リバランスとして、
日本株式と外国株式投信を日本債券投信にスイッチングした。

MOファンドの方は動きすぎて、目標アセットアロケーションから遠い状態だが、
ほとんど動かさない確定拠出年金の方は、リバランスもできて、
かなり管理できている状態。
MOファンドもなんとかせねば。。。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する