投資信託・ETF > 海外ETFをバッサリ売却

海外ETFをバッサリ売却

20131203etf.jpg

「投信で手堅くlay-up!」のじゅん@氏に触発されたわけではないが、
昨晩、保有している海外ETF(VT、KXI)を全額売却した。

理由は大きく2つ。
・一般口座からの撤退
 マネックス証券で海外ETF等の特定口座の取り扱いが開始された中で、管理な面倒な一般口座を使い続ける必要はない。残念ながら一般口座から特定口座への移管は制度的に不可らしいので、どこかのタイミングで売却が必要(いつやるか?今でしょ! ^^;; )。
・リバランス
 MOファンドにおいて、投資額ベースではほぼ目標比率だが、評価額ベースでは外国株式アセット比率が50%超で、大きく上方に乖離。


今後の予定(案)
 投信の定期積立 ⇒ 内国ETF(リレー投資)

 投信の定期積立だけでなく、ローコストのETFも活用して長期運用していきたいと考えているが、いずれにしろ「全て特定口座で管理する」。NISA口座の活用も考慮。
 投資先としては、海外ETFが登場した頃に比べると内国ETFも増えてきたので、為替取引不要な内国ETFへのリレー投資を検討。ただし、内国ETFや投信では、サテライト戦略の【KXI】に代わるものがないので、【KXI】に再投資することになるかも・・・。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

師走に入りWATANKOがいつもブログ拝見している個人投資家の皆さんが、自身のポートフォリオを見直している様子があちらこちらでうかがえます。 信託報酬の低いインデックス投資の登場や国内ETFの充実をうけて海外ETFを売却し、これらに乗り換える人。 全部とはいわないまでも保有商品の一部をクロス取引する、またついでに信託報酬がより安い同種商品に乗り換える人。 などなどです。 具体例を挙げてみます。 投