FC2ブログ
ガジェット・IT・PC > 低価格SIM、戦国時代

低価格SIM、戦国時代

低価格SIM、「OCN モバイル ONE」(30MB/日コース・980円/月)(旧:OCN モバイル エントリー d LTE 980)を使い始めて半年。
常時低速SIMあるいは1ヶ月毎の高速通信データ量制限SIMが主流だった当時、
OCNの1日毎のデータ量制限(=その日使い切っても、次の日には通信速度が復活する)設定
画期的だったと思う。

この半年間使用していて、
料金的に、そして(データ制限になったことはほとんどなく)
自分に合ったSIMサービスを見つけられたことに、非常に満足している。

その後もいろいろなSIMが発売されたが、
日本通信から最強を称する低価格SIMが投入されることになった。b-mobile X(エックス) SIM

最強を称する割には、
(後出しじゃんけん的に)競合各社に対して、
料金あるいはデータ量で少しお得なSIMになっている程度のようだ。

例えば、
「OCN モバイル ONE」(30MB/日コース)と競合するのは、プラン「N」。

【プラン「N」】
  月額基本料:934円
  高速データ通信量:40MB/日
   (使い切った後の通信速度:200kbps)

OCNよりデータ量を増やし、料金を若干下げているが、
既存ユーザが乗り換えるような大きな差ではない。
新規ユーザ向けになりそうな気がする。

とはいえ、競争はユーザとしては大歓迎。
こういったSIMサービスを見ると、(スマホの使用状況にもよるが)
あらためて、キャリアの通信サービスをそのまま使うのはもったいない
と感じた。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する