株式投資・経済等 > クレジットカード見直し

クレジットカード見直し

ソチ五輪。
男子フィギュアスケートの羽生選手、金メダル!
ライブで見てて、ジャンプで少し失敗がありハラハラしたが、逃げ切り。
おめでとうっ! 新たな歴史を作ったね。
今晩は、男子ジャンプ ラージヒルの決勝。
終わるのは明朝近くのようで、また寝不足になりそうだ。


さて、
クレジットカードを見直すことにした。
これまで、ポイント還元率より、
(ポイント失効を防止するため)ポイント自動交換を重視していたが、
現在使用しているカード(ポイント還元率0.5%)より
高還元率で、かつポイント自動交換や年会費実質無料等の
お得なカードがあることを知り、検討していた。

そんな中、Amazon.co.jpが三井住友カードと提携した
Amazon MasterCardクラシック
に申し込むことにした。
還元率は、アマゾン内1.5%、その他1.0%でまずまず。
ワシはアマゾンのそこそこのヘビーユーザだし、
ポイントはAmazonギフト券に自動交換されるので、いつの間にかポイント失効という心配もない。

Amazonのヘビーユーザなら
Reader’s Card(リーダーズカード)が高還元率で有名だが、
Amazon MasterCardクラシックの
ポイント有効期間4年という長さとポイント自動交換を優先した。

現在、クレジットカードを複数枚使い分けているが、
これを機にある程度整理して、ポイントを集中、より有効に活用していきたい。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する