投資信託・ETF > 決定「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」

決定「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」

あ~、せっかくの3連休だったのに、土曜は出勤、日・月曜は風邪で寝こみ。
明日・・・シンドイなぁ・・・。


さて、先週末に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」が発表された。

第1位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 投票人数23名、63ポイント(有効総投票者数 115名、有効総ポイント 575)

第2位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
 投票人数17名、59ポイント

第3位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 投票人数16名、44ポイント

第4位:結い 2101
 投票人数16名、39ポイント

第5位:eMAXIS バランス(8資産均等型)
 投票人数10名、31ポイント


第1、3、4位の投信に定期積立を実施しているワシとしては、納得の結果。
バランスファンドが多いのは、NISAの影響だろうか・・・。

ちなみに、ワシは結い 21011投信のみに投票。
投資方針がしっかりしていて、投資家から支持されている(純資産総額が着実に積み上がっている)アクティブ投信が、FOYを獲ってもいいんじゃないか。
という思いから集中配点した。
リスクが抑えられている投信だが、昨年の株式市況ではインデックスなどに比べてリターンは悪く、FOYには若干逆風だったかもしれない。


第1回から「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」に投票していて、注目すべきは、有効総投票者数が着実に増加していること。より多くの投信ブロガーが参加していることで、配点方式の投票方法のデメリット(集中配点による片寄り)も薄まっていると思う。

有効投票人数の推移
 2014年:115名
 2013年:83名
 2012年:64名
 2011年:57名
 2010年:59名
 2009年:45名
 2008年:27名
 2007年:20名


初めはネット上での発表のみだったが、最近は会場での発表会となり、運営の方々の負担は大きいと思う。大々的な発表会の継続というのはなかなか難しいものと思うので、無理だと思えばネット上のみでの運用に戻してもらって、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は継続はして欲しいと思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する