ガジェット・IT・PC > ライトユーザには「おかわりSIM」はお得かも?!

ライトユーザには「おかわりSIM」はお得かも?!

競争が激しい格安SIMだが、
今月、b-mobile(日本通信)から使った分だけ後から支払える5段階定額制SIM・おかわりSIMが発売された。

1GBまでなら500円/月(税抜)で、以降1GB増加毎に250円ずつ支払い額が増え、5GBで1500円が料金支払いの上限額(以降、通信速度は低速)という段階性の料金体系は、格安SIMではこれまでになかったものだと思う。

おかわりする人もしない人も、ライトユーザには「おかわりSIM」はお得かもしれない。
かくいうワシも、先月の使用データが約300MBのライトユーザ。おかわりSIMに変更すれば、毎月500円(税抜)で使用でき、現在使用しているOCN モバイル ONE(110MB/日コース)より毎月400円安くすむ。

懸案としては、
・SIMを乗り換えるのに約3000円の手数料がかかるので、頻繁に乗り換えるのは得策ではない。
・SMS機能に対応していないので、場合によっては不便かも(自分はモバイルルータに使用するので、この点は懸念なし)。
・おそらく、他社が追従あるいは既存サービスの値下げ(orサービス向上)で対抗してくると思われるので、ある程度各社の対応を見てからでも、乗り換えは遅くないかも。
このあたりだろうか。

などど書いている間に、
「FREETEL SIM」が、データ通信は月100Mバイトで299円(税別)~月10Gバイトで2470円(税別)
というサービスを展開することを発表。
選択肢が増えるのは歓迎だが、乗り換えのタイミングが難しい。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する