FC2ブログ
株式投資・経済等 > 住信SBIネット銀行のスマートプログラム(仮称)対策

住信SBIネット銀行のスマートプログラム(仮称)対策

振込手数料、ATM手数料の無料等のサービスで顧客満足度も高い住信SBIネット銀行
最近は定期預金の金利も低くなり、その点では使用しなくなっていたが、
現在も、SBIハイブリッド預金と生活資金用サブ口座(普通預金に生活資金数ヶ月分を保管)として
主要な銀行口座として活用している。

その住信SBIネット銀行が、
来年1月から、「スマートプログラム(仮称)」と称するランク制度による優遇とポイントの加算制度を開始するようだ。

「スマートプログラム(仮称)」の開始のお知らせ【住信SBIネット銀行】

新たな「ランク制度」では、
ATMご利用手数料、当社から他行への振込手数料の無料回数が、
ランク分けされることになった
(おそらく、ほとんどの利用者にはサービス改悪)


もっとも低いランク1(=ワシも現在ココ)では、
・ATM利用手数料の無料回数(引出し):月2回
・他行への振込手数料の無料回数   :月1回

となる。

このままランク1でもそれほど支障はないと思うが、
集中的に使用することもあるので、
ランク2(ATM:月5回、振込手数料:月3回)くらいは欲しいところ。

ランク2にするには、
SBIハイブリッド預金は実施済なので、それ以外の条件をひとつ満たす必要がある。

現状では、
月末残高100万円以上
の条件が、元々ある程度の金額は入れているので、満たしやすい。
ツイッターでは、
外貨預金1ドルだけすれば(!!)というアドバイスも頂いた。
これら2段構えで、いずれかの条件を満たすようにしたいと思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する