投資信託・ETF > 決定!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」

決定!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」

1月15日に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」が発表された。
1位から10位は以下のとおり。

第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
67名投票、218ポイント
(有効総投票者数 159名、有効総ポイント 795)

第2位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
24名投票、73ポイント

第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
22名投票、59ポイント

第4位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第5位 ひふみ投信

第6位 eMAXISバランス(8資産均等型)

第7位 結い 2101

第8位 世界経済インデックスファンド

第9位 ひふみプラス

第10位 iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF


超ローコスト投信のきっかけをつくった三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(2位)
それを受けて信託報酬を引き下げた<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(1位)
のワンツーフィニッシュとなった。(たわらノーロードシリーズは投票対象外)

特に、徹底的にコストにこだわる姿勢を見せているニッセイ購入・換金手数料なしシリーズのうち、
先進国株式投信に対して支持が集まっており、
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドがほぼトリプルスコアで圧倒的1位となった。
過去のの投信ブロガーFOYで、ダブルスコアすらなかったことから考えても、圧倒的な支持だったと思う。
(コスト的にはこれより大幅に下げるのは難しいと思われ、よほどのことがない限り、当面は連覇するかもしれない。)


ちなみに、ワシの投票先、選定理由は以下のとおり。
==============================
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド:2点
→主要投資先となっている先進国株式アセットにおいて、ローコストでスタンダードとなるインデックス投信だと思う。
 ニッセイAMには、投信のさらなるローコスト化にも期待。

結い2101:2点
→アクティブ投信で信託報酬は若干高いが、「いい会社に投資しよう」という鎌倉投信の方針に賛同して定期積立を実施している。投資方針にブレがなく、リスク管理もしっかりしており、安心して保有できる投信。

SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり):1点
→8月~9月の株式市場暴落時にも本投信の基準価額は安定しており、分散投資の一翼を担った。ローコストであり、長期保有にも適していると思う。
 外債ヘッジ有りに投資するなら日本債券で良いのでは?と考える方もいるだろうが、地域も分散投資で・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大勢には影響はなかったが、ニッセイ購入・換金手数料なしシリーズが信託報酬引き下げを発表する前に投票したので、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドへの点数は控えめに設定していた(選定理由も少しズレている・・・)。

結い2101は、ここ数年、定例的に投票している。
(投資方針にブレがないので、ワシもブレなく投票(笑))

SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)は、20位にもエントリーしていなかったが、今年は年初から株式市場、為替相場が荒れており、こういった時期に評価されるものだと思う。
==============================
関連記事

管理者にだけ表示を許可する