VW Polo > ポロ退院

ポロ退院

もともとエンジンルームからの異音(燃料パイプの振動と他部品との干渉音)の手直しでディーラを訪問したのだが、
その際に別の不具合(前進時にクリープ走行しない)が発生して1週間入院となった。

異音は、燃料パイプの位置調整。
DSGは、DSGメカトロニクスの交換が必要となったが、部品は特別保証で無償交換、工賃の一部負担のみで解決した。

今のところいずれも改善して問題なし。
代車は慣れてないし、気を使うので、運転してて疲れる。やっぱ自分の車はええねぇ。

20160410polo.jpg
 ▲バックは、金ケ崎城跡の桜
関連記事

管理者にだけ表示を許可する