FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2018年6月)

MOファンド月報(2018年6月)

先月比:-2.2%(2018.6.30現在)
年初来:-5.4%
設定来:+30.7%(2007.3 設定)
============================
投資方針概要
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
  ・結い2101
積NISA・楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)
 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  ・生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド【XLP】
  ・ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド【XLV】
 ・たわらノーロード 先進国リート
 ・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
 ・たわらノーロード 先進国債券
  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資額比率
  日本株式 10%,日本債券 0%,J-REIT 0%
  外国株式 41%,外国債券 42%,G-REIT 7%
============================
今月のマーケットは、
日経平均は、22,100円台から22,300円台にわずかに上昇した。
NYダウ平均は、24,600ドル台から24,200ドル台に下落した。
アメリカの通商政策をめぐる先行き不安が株価の重しになった模様。
為替は、1ドル109円台から110円台にわずかに円安方向に進んだ。
本ファンドは、
株式がわずかに下落、その他に株式アセットにスポット投資(詳細は次項)したことも影響し、下落となった。
投資については、
インデックス投信(外国株式,グローバルREIT,外国債券ヘッジあり・なし)への定期積立を実施した。
また、結い2101、グローバルREIT、及び海外ETF以下2本へのスポット投資を実施した。
  ・生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド【XLP】
  ・ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド【XLV】

本ファンドにおいて、海外ETFに投資するのは、2013年12月以来なので4年半ぶり。セクターETFに投資するのも同じくぶり。当時は一般口座しかなく、手数料も高かったが、今やある程度まとめて投資すれば、手数料負けすることもなくなった。
一方、外国株式アセットの割合調整のため、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)を売却。積立先もニッセイ外国株式インデックスファンドに戻すことにした。(ニッセイAMから信託報酬引き下げのお知らせがあり、ちょうどいいタイミングだった)
来月は、
引き続き、定期積立を継続していく予定。
必要に応じスポット投資も検討する。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する