FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2019年4月)

MOファンド月報(2019年4月)

先月比:+1.2%(2019.4.27現在)
年初来:+12.5%
設定来:+34.9%(2007.3 設定)
============================
投資方針概要
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
  ・結い2101
 ・楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)
 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  ・生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド【XLP】
  ・ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド【XLV】
 ・たわらノーロード 先進国リート
 ・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
 ・たわらノーロード 先進国債券
  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資額比率
  日本株式 10%,日本債券 0%,J-REIT 0%
  外国株式 39%,外国債券 43%,G-REIT 8%
============================
今月のマーケットは、
日経平均は、21,200円台から22,200円台に上昇した。
NYダウ平均は、25,900ドル台から26,500ドル台に上昇した。
主力銘柄の決算が出てくる中で、様子見ムードが大きかった模様。
為替は、1ドル111円台から111円台でほぼ変わらずだった。
本ファンドは、
外国株式アセットが上昇し、全体としてもわずかに上昇した。
投資については、
インデックス投信(全世界株式,外国株式,グローバルREIT,外国債券ヘッジあり・なし)への定期積立を実施した。
また、米国セクター投資(生活必需品、ヘルスケア)を再開した。
来月は、
引き続き、定期積立を継続していく予定。


なお、
この数ヶ月検討していた今後の投資方針だが、従来とおり(継続)とした。すなわち投信の定期積立をメインとする。年度が変わっても仕事が忙しく、当面この状況は変わらなそうであることから、定期積立が良いと判断した。今年のNISA枠を使い切ってしまったのも投信メインとした理由のひとつ。
今後の景気状況や株式市場の動向は読めないが、投資を継続するということに注力したいと思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する