FC2ブログ
投資信託・ETF > MOファンド月報(2020年2月)

MOファンド月報(2020年2月)

先月比:-5.1%(2020.3.1現在)
年初来:-7.3%
設定来:+16.9%(2007.3 設定)
============================
投資方針概要
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
 <日本株式>
   ・iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF【1478】
   ・結い2101
   ・個別株式
 <日本債券>
   ・NEXT FUNDS 国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信【2510】
 <J-REIT>
   ・iシェアーズ・コア Jリート ETF 【1476】
 <外国株式>
   ・iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF 【1657】
   ・生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド 【XLP】
   ・SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF 【SPYD】
   ・バンガード・米国増配株式ETF 【VIG】
 <外国債券>
   ・NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり) 【2512】
   ・iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)【1496】
   ・NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし) 【2511】
 <グローバルREIT>
   ・なし
 <バランス、他>
  ・楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)
   ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資額比率
  日本株式 10%,日本債券 1%,J-REIT 4%
  外国株式 27%,外国債券 58%,G-REIT 0%
============================
今月のマーケットは、
日経平均は、23,200円台から21,100円台に大幅下落した。
NYダウ平均は、28,200ドル台から25,400ドル台に大幅下落した。
中国の新型コロナウイルスの世界的流行による世界経済への影響が懸念され、各国の主要株式指数が下落する中、日本国内株式市場も下落した。
為替は、1ドル108円台から一時112円台まで円安が進んだが、下旬に108円台まで円高方向に急速に進んだ。
本ファンドは、
国内外株式アセット、J-REITアセットが軒並み10%程度の大幅下落。一方で債券アセットが小幅上昇しており、本ファンド全体としては5%程度のマイナスになった。
投資については、
インデックス・バランスファンドに定期積立を実施した。その他、各アセットについて追加投資を行った。
なお、グローバルREITアセットについては、【1657】、【SPYD】にも含まれることから、本アセットへの単独ETF・NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信 【2515】の保有は停止、売却した。
また、バンガード・米国増配株式ETF 【VIG】に追加投資を実施した。
来月は、
引き続き、投信への定期積立を継続していく予定。

今回、日経平均の下落幅がやたらとニュース等で強調されているが、1日の下落率でいうと3~4%。リーマンショック時(2008/10/08)の9.3%(日経平均の終値が前日比952円安の9203円)などと比較するとまだ小さい。これからリーマン級が来るのか、反発して一時的な調整で終わるのか、不明であるが、保有を維持しつつ、必要に応じ追加投資も実施していく予定。

リーマンショック時の本ファンド月報。当時の投資先を見ると、インデックス投信黎明期の投信名が見える。懐かしい。
2008/11/01:「MOファンド」月報(10月)
関連記事

管理者にだけ表示を許可する