FC2ブログ
投資信託・ETF > ジョインベスト専用のローコスト・グローバルバランスファンド

ジョインベスト専用のローコスト・グローバルバランスファンド

中央三井アセット、「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」を3月3日設定【Reuters】 新規設定オープン:中央三井AM「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」商品概要【QUICK MoneyLife】 中央三井アセットマネジメントが、ジョインベスト証券専用ファンド「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド(愛称:投資生活)」を3月3日に設定するそうだ。 =====投信情報抜粋=========== ◎設 定:2008.3(予定) ◎コスト   手数料 :なし   信託報酬:0.63 %(税込)       (※純資産総額のうち100億円超の部分;0.525%) ◎投資割合   国内 33%(株式33%、債券 0%)   海外 67%(株式33%、債券33%)(3資産等分) ====================== ネットで購入でき、競合すると思われるローコスト・グローバルバランスファンド(下記参照)と比較してみると、 本ファンドが特徴的なのは、  1.日本債券が投資対象から外れており、3資産分散であること。  2.純資産総額が一定額を超えると、信託報酬が下がること。  3.上記2項がなくても、信託報酬0.63%は最安。 個人的には、ローコストの上、セゾン投信ともマネックスF(orSBI F)とも(そして、おそらくその他のバランスファンドとも)異なる、これまでありそうでなかった3資産分散アセットアロケーションで、意外と個性的なバランスファンドではないかと思う。 だた、長期投資の対象にするには設定上限額300億円が少なすぎてネックになるような気がする。 それにしても、下記のグローバルバランスファンドは、いずれも設定時の基準価額(1万円)を下回っている(無論、TOPIXと比較すれば下落率は小さく、分散効果は出ているのだが・・・)。当面は辛抱なのかな。 ・マネックス資産設計ファンド(育成型) ◎設 定:2007.1 ◎コスト   手数料 :なし   信託報酬:0.99 %(税込) ◎投資割合   国内 58%(株式21%、債券22%、REIT 15%)   海外 42%(株式15%、債券20%、REIT 7%) ◎基準価額   基準価額:8,901 円   純資産 :77 億円 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ◎設 定:2007.3 ◎コスト   手数料 :なし   信託報酬:0.78 %(税込) ◎投資割合   国内 15%(株式 6%、債券 9%)   海外 85%(株式44%、債券41%) ◎基準価額   基準価額:9,504 円   純資産 :109 億円 ・SBI資産設計オープン(資産成長型) ◎設 定:2008.1 ◎コスト   手数料 :なし   信託報酬:0.71 %(税込) ◎投資割合   国内 50%(株式20%、債券20%、REIT 10%)   海外 50%(株式20%、債券20%、REIT 10%) ◎基準価額   基準価額:9,672 円   純資産 :5 億円 (基準価額、純資産は2008.1.25時点のもの。モーニングスターより引用) ◎関連Blog ・中央三井アセット、「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」を3月3日設定【梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー】 ・低コストな「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」が設定されるようだ【ある貧乏人の投資信託物語】 ・ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド【rennyの備忘録】 ・ジョインベスト・グローバルバランスファンドが登場【ホンネの資産運用セミナー】 ・グローバル・バランス・ファンドの充実【うんぼぼの投資日記】
関連記事

管理者にだけ表示を許可する