FC2ブログ
投資信託・ETF > 「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」積立開始

「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」積立開始

GW前のビックニュース、「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」へ投資可能に

コスト(信託報酬)については、気になる文言があったが、「幸せなお金持ち的日記」によると、「信託報酬は0.8925%」という理解でいいようだ。
となると、
信託報酬の安さが際立つ。先進国インデックス投信の信託報酬と比較しても良い勝負。ワシが投資している、先進国インデックス投信(MSCIコクサイ連動)「ステートストリート外国株式インデックス」よりもローコスト!!
買い付け手数料がノーロードではない(=1.05%)のが残念だが、他のエマージング株式投信と比べてコスト高というほどでもないので、定期積立を決断した。
(今日から取り扱いを開始したマネックス証券にはノーロードを期待していたのだが・・。)

◎関連Blog
rennyの備忘録

今回の積立変更により、各地域におけるインデックス投信が一応揃った感がある。ワシの積立投資している投信を下にリストアップしてみたが、(ETFには及ばないものの)それなりにローコストだと思う。
いずれETFにリレー投資することになると思うが、ワシの場合、まとまった額になるのは数年先だと思うので、当面はこれらインデックス投信のお世話になりそうだ。

株式
 ・日本 :トピックスオープン (買付手数料 0%、信託報酬 0.65%)
 ・先進国:ステート・ストリート 外国株式インデックス (買 0%、信 0.99%)
 ・新興国:年金積立 インデックスF海外新興国株式 (買 1.05%、信 0.89%)
債券(バランス投信で代用)
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド (買 0%、信 0.78%)
2008/5/18追記 信託報酬に関する補足

NightWalker's Investment Blogによると、
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の信託報酬は実質1.4175%程度だとか・・・。確かにマネックス証券でもそのような表記になっていた。最終的には、(信託報酬以外のその他の費用も含めて)約1年後の運用報告書を見ないとわからないということか・・・。
ただ、実質1.4175%程度だとしても、他のエマージング株式投信と比べて信託報酬は低い方だと思うので、とりあえず投資していきたいと思う。


それにしても、一番重要なコストの説明が、こんな分かりにくい表記、説明でいいのだろうか?? 金融商品取引法施行に伴い、利用者保護ルールを徹底すると称して、投信投資時にやたらと「目論見書を見ろ」のメッセージが出てうっとうしいが、目論見書の中身が分かりにくければ意味が無いことだと思う。
関連記事
315:

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

2010.12.17 15:51 生命保険の選び方 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

年金積立インデックスファンド海外新興国株式が一部で話題になっている。信託報酬だが過去のブログ等を見ていると... 年金積立インデックスファンド海外新興国株式の信託報酬:0.8925% 年金積立インデックスファンド海外新興国債券の信託報酬:0.7875%で、問題ないよう...

2008.05.19 23:16 のらFPのブログ