FC2ブログ
投資信託・ETF > 「MO手抜きファンド」月報(5月)

「MO手抜きファンド」月報(5月)

先月比:+1.6%(2008.5.30現在)
設定来:-4.1%(2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックス・バランスファンドを活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入投信・ETF
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド<87%>
 ・トピックスオープン
 ・ステート・ストリート 外国株式インデックス
 ・年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
 ・iシェアーズ MSCI エマージング・マーケッツ・インデックス・ファンド
投資比率
  日本株式 8%、日本債券 8%
  外国株式48%、外国債券36%
============================
今月の市況は、
アメリカ株式市場は底堅く、上値は重いという印象で、一ヶ月を通して見るとあまり大きな変動が無かった(サブプライムローン問題も遂に悪材料出尽くしか??)。為替も安定していた。そんな中、日本株式市場は比較的上昇率が高かった。原油価格だけが最高値更新中(一時1バレル130円オーバー)で、今後の物価上昇が不安要素になりそうだ。
本ファンドは、
株式市場の底堅さ、為替の安定により、先月と比較し若干のプラス(+1.6%)となった。設定来は-4.1%。半年前からマイナスパフォーマンスに突入し、3月末には-10%超に悪化したが、徐々に改善してきた。
今月は、「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」への投資が可能になったため、「ドイチェ・インド株式ファンド」から切り替え、新規に定期積立を開始した。その他は先月と同様に、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、「トピックスオープン」、「ステート・ストリート 外国株式インデックス」に定期積立投資を実施した。
来月は、
引き続き定期積立を実施していく予定。ただ、債券割合が大きいので、場合によってはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを一部売却して、一気に目標比率に近づけることも検討中。
先日のBlogでも書いたが、年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」への投資が可能になったことにより、各地域(日本、先進国、新興国)におけるインデックス投信が一応揃った感がある。以下に私が投資している投信を挙げてみた。
株 式
 ・日 本:トピックスオープン (買付手数料 0%、信託報酬 0.65%)
 ・先進国:ステート・ストリート 外国株式インデックス (買 0%、信 0.99%)
 ・新興国:年金積立 インデックスF海外新興国株式 (買 1.05%、信 0.89%)
債 券(バランス投信で代用)
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド (買 0%、信 0.78%)

ETFには及ばないものの、それなりにローコストで揃えられたと考えており、一応満足している。当面はこれらインデックス投信のお世話になりそうだ。ただし、設定間近の投信については、今後、信託報酬以外のその他の費用をチェックしていく必要があると思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する