FC2ブログ
投資信託・ETF > 「MOファンド」月報(1月)

「MOファンド」月報(1月)

先月比:---(アセットを大きく見直したので記載せず)
設定来:-29.5% (2007.3 設定)
============================
投資方針
 ローコストのインデックスファンドを主に活用し、世界分散投資する。詳細はこちら
組入ETF・投信
・TOPIX連動型上場投資信託【1306】
・STAM TOPIXインデックス・オープン
・日本株式 個別銘柄(ミニ株)
・バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF【VTI】
・バンガード・ヨーロピアン ETF【VGK】
・iシェアーズS&P グローバル生活必需品セクター インデックスファンド【KXI】

・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・iシェアーズ MSCIエマージング・マーケッツ・インデックス・ファンド【EEM】
・STAM 新興国株式インデックス・オープン
・年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
・世界国債インデックスファンド(年1回決算型)
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
(セゾン資産形成の達人ファンド、ひふみ投信)
投資比率
  日本株式 41%、日本債券 0%、J-REIT 1%
  外国株式 38%、外国債券 14%、その他 6%
============================
今月の市況は、
日本国内は3月決算企業の第3四半期決算発表が始まっているが、下方修正だけでなく赤字転落を発表する企業が続出し、「世界的金融恐慌のダメージが比較的小さい」と思われていた日本にも実体経済への悪化が明確に表れてきた。消費、投資マインドの低下が懸念される。
株式相場は、アメリカのオバマ新大統領への期待もひと段落し、底抜けするほどの流れではないようだが、上昇へのパワーにも欠け、低迷継続という感じだ。
本ファンドは、
今月から以前から保有してた日本株式の個別銘柄を本ファンドに計上したため、見かけ上はパフォーマンスが改善したように見えるが、実際は先月とほとんど変わらずだった。
組入投信の投資においては、日本株式、海外株式(先進国&新興国)、海外債券の各インデックス投信に定期積立を実施した。
来月は、
引き続き、インデックス投信に定期積立を実施していく予定。
外国債券の比率が低いので、2~3月あたりに積立額の調整を行おうと思う。また、日本株式はETFに直接スポット投資する計画だったが、当面は楽な ^^; インデックス投信の定期積立を継続しようと思う。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する