10/04のツイートまとめ

MOファンド月報(2017年9月)

先月比:+1.9%(2017.9.30現在)
年初来:+5.2%
設定来:+34.9%(2007.3 設定)
============================
投資方針概要
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
  ・結い2101
 ・ひふみプラス
 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 ・EXE-i グローバル中小型株式ファンド
 ・たわらノーロード 先進国リート
 ・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
 ・たわらノーロード 先進国債券
  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資額比率
  日本株式 11%,日本債券 0%,J-REIT 0%
  外国株式 37%,外国債券 47%,G-REIT 5%
============================
今月のマーケットは、
北朝鮮の地政学リスクは残るものの、リスク意識は後退し株式マーケットは上昇した。
日経平均は、19,600円台から20,300円台に上昇した。
NYダウ平均は、21,9800ドル台から22,400ドル台に上昇した。
為替は、1ドル110円台から112円台に円安方向に進んだ。
本ファンドは、
株式アセットが大幅に上昇し、全体としても大きな上昇となった。
投資については、
インデックス投信(先進国株式,先進国REIT,外国債券ヘッジあり・なし)、リターン補完戦略として外国中小型株式投信、ひふみプラスへの定期積立を実施した。
来月は、
引き続き、定期積立を継続していく予定だが、投資先を見直そうと考えている。

VTを買う投信「楽天・全世界株式インデックス」が設定され、SBI証券でも10月から投資できることになる。
定期積立先について、ニッセイ外国株式インデックス、EXE-i グローバル中小型株式を、当投信に変更する。
(設定されたばかりなので、これまでの投信は当面キープし、当投信を新規積立。)
また、当投信には日本株式アセットも含まれるので、ひふみプラスは売却する。

楽天・バンガード・ファンドが創設されたことで、バンガードETFの低コスト投信化が期待される。
今度こそ、バンガード・米国生活必需品セクターETF【VDC】が投信で投資できるのではないか!?期待するところ大である。
関連記事

VTを買う投信

ローコストの全世界株式投信が設定されるらしい。

楽天投信投資顧問がVT(全世界株式)・VTI(全米株式)相当の超低コストインデックスファンド2本を新規設定【バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く】

VT(ETF)経費率 0.11%に対し、信託報酬0.23%(税抜)になる模様。

MOファンドにおいて、
新興国株式アセットは「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」の新興国株式部分にしかなく、全投資の1%にも満たない。過度に新興国に投資する気はないが、さすがに少ないかな・・・と思っており、いずれ修正しようと考えていたが、ローコストの全世界株式投信が設定されるのであれば、投資を検討したい。

なにせ、この投信と「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」を合わせれば、この2本で全世界の大型株式~小型株式まで網羅できてしまうのではないか!?

気になることと言えば、、、 続きを読む
関連記事

良い色のクレジットカードが欲しい

20170918creditcard_gold.png

クレジットカードはこれまでも保有していたが、
外で使うことは少なく、ネットショッピングや通信料金などの支払いなどが主であった。
しかし、最近、出張などが多く、外でクレジットカードを使うことが多くなった。
すると、見栄えの良いカードを財布に入れておきたくなる心情が生まれ、
ゴールドカードなどが気になってきた。(誰も見てないのに・・・見栄っ張り ^^; )

これまで、ワシのクレジットカードの選定基準といえば、
年会費無料、高還元率、ポイントの使い勝手の良さ
といったところが重要項目で、当然一般カードのみの保有であった。

ゴールドカードというと、
年会費1万円くらい、空港のラウンジなどが使えるとか補償範囲・額などが一般カードより広いとか、という印象。
だが、最近は、ゴールドの上に、プラチナ、ブラックといったカードが設定されており、
単に見た目重視(その他サービスは一般カードに近い)でゴールドカードであるだけで良いというなら、年会費格安(~2000円程度)のカードもあるようだ。


あ、あ、アメックスが良いかな(保有したことない、デザインかっこいい、ステータス高そう)、とか
年会費払うんだから、自動付帯保険とか保険・補償が充実しているといいよね~、とか
カード枚数をあまり増やしなくないので、現在使用している一般カードのランクアップが無難かな、とか
見栄を張りたいだけなら、年会費格安ゴールドで割り切りも・・・、とか
いろいろ、いろいろ検討した結果、
一般カードで長年使用してきたものをランクアップすることにした。

申請用紙を郵送してもらって返信してから審査となるが、さて通るかな・・・。
関連記事

MOファンド月報(2017年8月)

先月比:-0.1%(2017.9.2現在)
年初来:+3.2%
設定来:+32.9%(2007.3 設定)
============================
投資方針概要
 ローコストのインデックスファンド、ETF等を活用し、世界分散投資する。それに加えてリターン補完戦略+α(直販投信)を組み入れる。(詳細はコチラ
組入ETF・投信
  ・結い2101
 ・ひふみプラス
 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
 ・EXE-i グローバル中小型株式ファンド
 ・たわらノーロード 先進国リート
 ・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
 ・たわらノーロード 先進国債券
  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資額比率
  日本株式 11%,日本債券 0%,J-REIT 0%
  外国株式 37%,外国債券 47%,G-REIT 5%
============================
今月のマーケットは、
北朝鮮の地政学リスクなどもあり、一時為替が大きく変動するなど株価上値も抑えられた。
日経平均は、19,900円台から19,600円台に下落した。
NYダウ平均は、21,800ドル台から21,900ドル台にわずかに上昇した。
為替は、1ドル110円台でほぼ横ばいだった。
本ファンドは、
株式アセットが若干の下落する一方で、債券アセットが上昇し、全体としてほぼ横ばいであった。
投資については、
インデックス投信(先進国株式,先進国REIT,外国債券ヘッジあり・なし)、リターン補完戦略として外国中小型株式投信、ひふみプラスへの定期積立を実施した。
来月は、
引き続き、定期積立を継続していく。
関連記事